So-net無料ブログ作成
検索選択

おくればせながら... [分類できませんでした]


 
 
 
    1.jpg
 
 
 
 皆さま、明けましておめでとうございます。
 
 
 
 
 もはや松飾りも取れ、街は平常モードになっているというのに、今更ですが、ご挨拶を。
 
 年末年始と妙にドタバタしてしまい、太り気味の身体で(...ウソです...気味ではなく、真性の太り身です)、
 
 町内あちらこちらと走り回っておりました。
 
 ホンのちょっとしたご縁で町内の役に就いたのが運の尽き...今や町会期待の若手だそうで...ははは。
 
 
 
 
 やっと一段落ついて空を見上げたら、真っ青な空ですよ、気持ちいいなあ。
 
 関東地方の冬は、空気が乾いて真っ青な空で...風は寒いけれど、大好きな季節。
 
 その季節を愉しまなくちゃ、と思いつつ...これがなかなか...うーむ。
 
 
 

続きはこちらです


nice!(142)  コメント(148) 
共通テーマ:日記・雑感

常滑散歩  - 追記あり - [街あるき]


 
 
 
    562.jpg
 
 
 
 秋も進んだ頃、東京を離れ愛知県知多半島に行ってきた。
 
 知多半島には40年以上の付き合いになる友人夫妻がいて、遺憾ながら最近疎遠である。
 
 せっかく東海地方に行くのだから、ここはその友人にあって久闊を叙そうと思った。
 
 
 
 
 半田市に一泊して翌日、先ずは半田市内で友人夫婦と会ったら、疎遠の歳月はたちまち消えて...
 
 ...一緒に朝食を採り、市内を散歩し...3時間があっと言う間に感じられたのだった。
 
 友人夫婦は午後から用事があるというので、しきりに恐縮していたのだが...
 
 ...なぁに、急に決まった今回の訪問だもの..それは仕方がないよ...またいつか。
 
 
 
 
 そこで午後は、半田から山を越えてすぐの常滑に行ってみよう、と決めた。
 
 常滑は昔から焼き物で有名な街、未見の地だけれど愉しそう、と焼き物好きはそう思うのだった。
 
 やって来た常滑市は伊勢湾に面した港町で、町の主要部は港を囲んだ平地に集まっている。
 
 わたしが目指すところは丘に登った一角、急な坂を上ってみると、常滑駅がずいぶん下に見えた。
 
 
  

この先長くなって恐縮ですが、続きはこちらです


nice!(107)  コメント(86) 
共通テーマ:日記・雑感

さすが焼き物の本場だけあって [狛犬さん見物]


 
 
 
    553.jpg
 
 
 
 写真上は、愛知県常滑市にある「常滑神明社」である。
 
 この秋のこと、東京を離れ愛知県までドライブを愉しんだときに訪れた。 
 
 常滑市は、古来より焼き物で栄えた町で、今でも陶器産業が盛ん...食器も多くの店で作られている。
 
 なにしろ器好きの身ゆえ、常滑焼の食器を見てみたい、とやって来たのである。
 
 
 
 
 ところで、常滑駅から山側に、以前陶器を作っていた窯元が点在する一角がある。
 
 その地域には「やきもの散歩道」が整備されていて、細い散歩道をたどっていくと、何軒もの店が現れるのだ。
 
 陶器好き食器好きのわたしにはこたえられないところで、歩いていて本当に愉しいところなのだった。
 
 
 
 
 「常滑神明社」はその「やきもの散歩道」からすぐ、古い街道沿いに静かにあった。
 
 神社の境内は小山全体なので、鳥居を潜ると本殿までは急な階段が待っている。 
 
 
 
 
 
 
    554.jpg
 
 
 

続きはこちらです


nice!(138)  コメント(80) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

築地散歩 [街あるき]


 
 
 
    541.jpg
 
 
 
 師走に入った某日、友人のS君とやって来たのは築地市場である。
 
 本来なら、既に役割を終えているはずの築地市場...みなさんご存じの諸々あってまだ現役で活躍中。
 
 その築地市場に行き、馴染みの雰囲気を愉しんで、あわよくば、美味しいものを食べよう、と企画した。
 
 
 
 
 半年振りに訪れた築地市場は、現役の市場の活力があって、なんか嬉しい。
 
 ワクワクしてくるなあ...いっそここでこのまま...は、やっぱりダメなんだろうかなあ。
 
 そんな市場の活気を愉しみつつ、さて、せっかくの築地市場、なにか食べよう、ということになった。 
 
 
  

どこに行こうか迷うなあ


nice!(127)  コメント(83) 
共通テーマ:日記・雑感

白髭富士を見る [山に登ろう]


 
 
 
    532.jpg
 
 
 
 「白髭富士」は、隅田川にかかる白髭橋の西詰、「石浜神社」境内にある。
 
 「石浜神社」は、724(神亀元)年、聖武天皇の勅願によって遷座された神社だそうだ。
 
 すなわち創建1300年を迎えようかという古社で、鎌倉将軍家を始め、関東の武家から篤い信仰があった。
 
 その後、江戸期には地域の氏神となり、明治以降は郷社。
 
 
 
 
 1988(昭和63)年、隅田川の改修工事完了により現在地に遷座している。
 
 境内は広く、入口の鳥居から本殿まで長い参道が続いて、また本殿が新しいのはそのためか。 
 
 さて、先ずは本殿にお参りをしよう。
 
 
 
 
 
 
    531.jpg
 
 
  

続きはこちらです


nice!(120)  コメント(69) 
共通テーマ:趣味・カルチャー