So-net無料ブログ作成
検索選択

再会をよろこぶ [身のまわり]


 
 
 
    22.jpg
 
 
 
 もう一月半ほど前にもなるのか、ふとした弾みにふくらはぎに肉離れを起こしてしまった。
 
 以前から、何回も肉離れを発症したところなので、いずれ治るだろう、と高を括っていた...
 
 ...が、寒い時期ゆえか、なかなか完治せず、相変わらず難儀する日々である。
 
 
 
 
 そういう中、電車を乗り継いでやって来たのは、総武中央線の西荻窪駅。
 
 以前にお願いしていた修理が、出来上がりました、と連絡をもらったので。
 
 
 
 
 ずっと願っていたことが解決した...そうなると、足がどうとか言っていられない気分。
 
 この日は歩いていても、不思議と足の具合は気にならないのだった。
 
 ...普段の痛みは、すると、あれは気分的なものが原因なのかしら。
 
 
 
 
 
 
    23.jpg
 
 
  

続きはこちらです


nice!(141)  コメント(100) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

名のみの春 [くらしの中で]


 
 
 
    19.jpg
 
 
 
 新春になって浮かれていたら、あっと言う間に1月は過ぎ去り、気がつけばもう2月も中旬。
 
 みなさんご無沙汰をしました。
 
 
 
 
 今年の冬は暖冬...という話を聞いた気がするけれど...いやはや、どうして。
 
 暖かい日があるかと思うと、凍えるような日が出来し油断が出来ない。
 
 そんな日々を、身をかがめながらやり過ごしてきたのだけれど...
 
 ...季節は変わり始めているのか...久し振りに出てみた庭では、紅梅が咲き始めていた。
 
 
 
 
 日当たりの良い場所では、既に1月中旬頃から、咲き始めていた梅。
 
 寒さの厳しいこの時期に、凛然とした姿で咲く梅が好きだ。
 
 それで、わが家の庭でも紅梅を植えているのだけれど、日当たりが今ひとつなのが惜しいところ。
 
 とは言いつつも、ようやく咲き始めた紅梅の、その紅色を見るのは嬉しいことだ。
 
 
  

続きはこちらです


nice!(151)  コメント(104) 
共通テーマ:日記・雑感

お町に行こうか [街あるき]


 
 
 
    6.jpg
 
 
 
 年末年始のドタバタも一段落してホッとする正月明け...家で休んでいたら妻がそばに寄ってきた。
 
 なにか言いたそうな顔つきである。
 
 
 
 
 ねぇ、お町に行かない?
 
 
 
 
 どこかに出かけたいとき...それが都心や新宿だったりのとき、彼女はそういう 。
 
 わたしたちが住んでいるところは東京西郊の、よく言えば住宅街、である。
 
 なので、賑やかなところは、彼女にとっては「お町」なのだろう。
 
 
 
 
 それで、わたしもどこかに行きたかったので、妻と二人、地下鉄に乗って着いたのは青山である。
 
 わが家最寄り駅から、地下鉄の急行に乗れば4つめの駅が表参道にあるのだ。
 
 ...宅は表参道から四つめの駅ですの...ってどうかね?と聞いたら、妻はふんと無視した。
 
 彼女の中では、それは、あんまり自慢にならないのかもしれない。
 
 
 

続きはこちらです


nice!(151)  コメント(98) 
共通テーマ:日記・雑感

おくればせながら... [分類できませんでした]


 
 
 
    1.jpg
 
 
 
 皆さま、明けましておめでとうございます。
 
 
 
 
 もはや松飾りも取れ、街は平常モードになっているというのに、今更ですが、ご挨拶を。
 
 年末年始と妙にドタバタしてしまい、太り気味の身体で(...ウソです...気味ではなく、真性の太り身です)、
 
 町内あちらこちらと走り回っておりました。
 
 ホンのちょっとしたご縁で町内の役に就いたのが運の尽き...今や町会期待の若手だそうで...ははは。
 
 
 
 
 やっと一段落ついて空を見上げたら、真っ青な空ですよ、気持ちいいなあ。
 
 関東地方の冬は、空気が乾いて真っ青な空で...風は寒いけれど、大好きな季節。
 
 その季節を愉しまなくちゃ、と思いつつ...これがなかなか...うーむ。
 
 
 

続きはこちらです


nice!(142)  コメント(148) 
共通テーマ:日記・雑感

常滑散歩  - 追記あり - [街あるき]


 
 
 
    562.jpg
 
 
 
 秋も進んだ頃、東京を離れ愛知県知多半島に行ってきた。
 
 知多半島には40年以上の付き合いになる友人夫妻がいて、遺憾ながら最近疎遠である。
 
 せっかく東海地方に行くのだから、ここはその友人にあって久闊を叙そうと思った。
 
 
 
 
 半田市に一泊して翌日、先ずは半田市内で友人夫婦と会ったら、疎遠の歳月はたちまち消えて...
 
 ...一緒に朝食を採り、市内を散歩し...3時間があっと言う間に感じられたのだった。
 
 友人夫婦は午後から用事があるというので、しきりに恐縮していたのだが...
 
 ...なぁに、急に決まった今回の訪問だもの..それは仕方がないよ...またいつか。
 
 
 
 
 そこで午後は、半田から山を越えてすぐの常滑に行ってみよう、と決めた。
 
 常滑は昔から焼き物で有名な街、未見の地だけれど愉しそう、と焼き物好きはそう思うのだった。
 
 やって来た常滑市は伊勢湾に面した港町で、町の主要部は港を囲んだ平地に集まっている。
 
 わたしが目指すところは丘に登った一角、急な坂を上ってみると、常滑駅がずいぶん下に見えた。
 
 
  

この先長くなって恐縮ですが、続きはこちらです


nice!(107)  コメント(86) 
共通テーマ:日記・雑感