So-net無料ブログ作成
わたしの食欲 ブログトップ
前の10件 | -

腹も身の内 ’17 [わたしの食欲]





    169.jpg




 息子が小学生のころ、通う学校のPTAで、わたしは2年間役員をした。

 そのとき一緒に役員をした仲間とは、今でも年に数回会食をする。

 会場は近所の店だったり我が家だったり、なのだけれど、年に一回ハメを外して...

 ...ちょっと贅沢だけれど、いつもは入れないような店で愉しむのである。




 拙ブログでは「腹も身の内」という題で、過去2年の出来事を記事にしてきた( ’15 ’16 )。

 今年もその機会に恵まれ、やってきたのは日本橋にある「マンダリン・オリエンタルホテル東京」。

 いわずと知れた超高級ホテルだが、その中のレストランで、ランチビュッフェが楽しめるのだ。




 予約時刻の11時半に訪れると、レストランでは、もうランチが始まっていた。

 ビュッフェ会場に特有の喧騒もなく、静かな、そして天井の高い空間が素晴らしい。

 ...さすがマンダリン・オリエンタルホテルだ、と感心した。

 ちょっと気後れするけれど、ランチを愉しむべく、突入してみようと思う。



続きはこちらです


nice!(133)  コメント(95) 
共通テーマ:グルメ・料理

腹も身のうち ’16 [わたしの食欲]


 
 
 
    492.jpg
 
 
 
 ナツパパさん、ランチバイキングに行きませんか...と誘われたのは8月に入ったばかりの頃だった。
 
 誘ってくださったのは、以前からお付き合いをいただく妙齢のご婦人達で、先日はわが家で集まった人々。
 
 今回は、そのお一人が見つけて、そして予約してくれたのである。
 
 
 
 
 たしか昨年の初夏にも、その方が選んだ某ホテルで、ランチバイキングを愉しんだのだった。
 
 なにしろ現役の主婦であるから選択眼は厳しく、その結果、なるほど、と納得のいく内容になる。
 
 今回は、東京湾岸、竹芝地区にある「インターコンチネンタル・東京ベイホテル」である。
 
 バイキングであるから食べ放題、そこに飲み放題も付いて...の値段なのだそうで、なるほど。
 
 
 
 
 話があってから一月、9月に入ってすぐの休日にその日がやってきた。
 
 JR浜松町駅から歩いて10分程か、目指すホテルは大きく立派な作りだった。
 
 ...それだけで期待も高まって来るではないか。
 
 
 
 
 
 
    493.jpg
 
 
  

続きはこちらです


nice!(128)  コメント(85) 
共通テーマ:日記・雑感

腹も身のうち ’15 [わたしの食欲]


 
 
 
    135.jpg
 
 
 
 さて、上の写真は浅草である。
 
 目の前には東京スカイツリー、そして眼下には浅草寺が見える。
 
 相当な絶景で、普段なかなか見ることのできない位置からの写真。
 
 これは先の日曜日、5月17日に「浅草ビューホテル」の26階にあるレストランから眺めたものである。
 
 じつはこの日、以前からお付き合いのある皆さんと、ランチバイキングに出かけたのだった。
 
 
 
 
 ランチバイキングは、時間限定ではあるものの、和洋中の料理が食べ放題、そしてドリンク飲み放題が基本。
 
 とても人気があると見え、あちこちのホテルで実施されていて、ホテルによってはとんでもない値段になる。
 
 「浅草ビューホテル」のバイキングは、土地柄故か、値段もリーズナブルなのだそうだ。
 
 
 
 
 さて、そういう愉しい食事なのだけれど、気がかりもある。
 
 それはわたしの体調のことで、やっと元に戻っていい按配のところを、こういうバイキングに行けば、さて、どうなるか。
 
 愉しくなって暴走するのは目に見えている...のだが、でも行ってみたい。
 
 食事には気を付けて、節制するから...と、妻に約束しての出席となったのだった。
 
 
 
 
 ...が、そんな約束、会場に入って、知り合いの皆さんと愉しく過ごしていれば、すぐに忘れ果ててしまい...
 
 ...結局、お腹いっぱい食べてしまった顛末をば、この後の写真でご覧いただこうかと思う。
 
 題して、腹も身のうち ’15...いやはや愉しいひとときであったなあ。
 
 
   

続きはこちらです


nice!(134)  コメント(96) 
共通テーマ:グルメ・料理

季節を味わう [わたしの食欲]


 
 
 
 
    49.jpg
 
 
 
 昨年12月、息子の通っていた小学校PTA役員の皆さんとの忘年会があった。
 
 息子がその小学校を卒業して、もう10年になるのだが、皆さんとの交流が続いていて、年に数回集まるのである。
 
 その忘年会は、肉中心の、美味しい料理がたくさん出て、夢のような会だったのだけれども、なぜか話しているうちに、
 
 魚介料理、とくに冬が旬の、牡蠣の話しで盛り上がってしまったのだった。
 
 
 
 
 愉しい話と美味しい料理とお酒...こう言うとき、わたしは、気が大きくなって、とんでもないことを口走る悪癖がある。
 
 ...で、案の定、その時わたしは、今度はその牡蠣をお腹いっぱい食べさせてやるぞ、なんて言っちゃったのである。
 
 
 
 
 ...ああ、嗚呼、そういう話を、彼女たちが忘れる筈もなく、そうなれば、わたしも知らぬふりをすることは出来ず...
 
 2月の某日に、牡蠣をお腹いっぱい食べる会をすることになったのだった。
 
 
 
 
 当日午前、宅配便のお兄さんが発泡スチロールの大箱を持ってきた。
 
 北海道・厚岸から直送の牡蠣がやってきたのである。
 
 箱の中には大~特大サイズの剥き牡蠣3袋と中サイズが一袋、威風堂々と収まっていた。
 
 電話一本で、お願いした日にちゃんと届く生牡蠣...日本に暮らすありがたさを実感する。
 
 
 

続きはこちらです


nice!(147)  コメント(140) 
共通テーマ:グルメ・料理

「池袋中華街」で飽食する [わたしの食欲]


 
 
 
 
    373.jpg
 
 
 
 先日のこと、旧知のO先生、AさんKさんと、「東京国立博物館」まで、話題の「国宝展」を見に行った。
 
 全国各地に点在する国宝を200点以上集め展示するもので、なんとも魅力的な内容である。
 
 これはぜひ見学に行かなければ...と話が纏まって、上野に出かけたのだった。
 
 
 
 
 9時半の開門と同時に会場に入り、多少は余裕のある状態で、国宝の数々を堪能して...見終わったら昼近く。
 
 さてどこかで昼食を、ということになった。 
 
 O先生が、池袋に行きましょう、そこで本場の中華料理を食べましょう、と提案された。
 
 一同、それそれそうしましょう、ということになって、やって来たのは池袋駅北口である。 
 
 
  

続きはこちらです


nice!(135)  コメント(119) 
共通テーマ:グルメ・料理

市場飯を愉しむ  その3 [わたしの食欲]


 
 
 
    161.jpg
 
 
 
 連休が明けて某日朝、友人のS君から連絡が入った。
 
 ...どこかで旨い飯、食いませんか?
 
 
 
 この日は、妻も息子も用事があるとかで...お父さん、ご飯は自分でなんとかしてね。
 
 
 
 休日朝、何をする予定もなく呆然としていたわたしは、その連絡に、大袈裟にいうなら、欣喜雀躍した。
 
 どこに行こう...しばしメールでやり取りした後、わたしたちは築地市場に行くことにしたのだった。
 
 
 
 
 
 晴れて爽やかな陽気の土曜日、築地市場は案の定大混雑だった。
 
 わたしたちはその光景を見るだけで、早くも戦意喪失...場内市場はあきらめて、場外に行くことにした。
 
 ところが、場外市場だってすごい混雑なわけで(上の写真を見てくれ)、築地市場の人気を思い知らされたのである。
 
 ...まいったなあ。 
 
 
 
 でも、せっかく来たんだから、どこかでご飯を食べようよ...そうだ、ボクの行きつけはどうでしょう、とS君が提案する。
 
 その行きつけの店は、晴海通りに面して、小振りな定食屋だった。
 
 地味な雰囲気の店なのに、早くも行列ができていて、なにやら期待できそうだ。
 
 
 
 
 
 
    162a.jpg
 
 

続きはこちらです


nice!(133)  コメント(106) 
共通テーマ:日記・雑感

市場飯を愉しむ  その2 [わたしの食欲]


 
 
 
    98.jpg
 
 
 
 さて、友人と二人、新杉田で狛犬見物をして、ふと時計を見たら昼も近いのだった。
 
 ちょっと早いけれど昼ご飯を採ろうということになり、私たちは新杉田から歩き始めた。
 
 目指す場所は、シーサイドラインで一駅先にあるのだが、なに、歩いてもすぐなので。 
 
 
 
 新杉田の街並みを外れて、海岸に沿った道を歩くと、片側3車線の広い道の両側には工場が並んでいる。
 
 そういう景色の中を歩いて20分ほどか、目指す「横浜南部市場」に到着した。
 
 ここは、以前訪れた「横浜中央市場」と並んで、横浜市界隈の食品流通の要ともいえる市場である。
 
 
 
 構内に入るとさすがに広い。 
 
 

続きはこちらです


nice!(93)  コメント(92) 
共通テーマ:日記・雑感

市場飯を愉しむ [わたしの食欲]

 

 

    65.jpg          

 

 前項からずいぶん時間がたってしまい恐縮なのですが、その日の続きなどを。

 

 妙蓮寺で坂見物をして、ふと気がつくとそろそろ昼に近い時間になっていたのだった。

 そう気づいたら、なんだか空腹感が増してきたようにも感じる。

 そこで、友人のS君と相談して、どこかで昼ご飯を食べよう、ということになった。

 とはいっても、土地不案内の妙蓮寺付近ではファミリーレストランしか目に入らないし...

 ...そうだ、いっそ横浜に行きましょう、今なら中央卸売市場の食堂に間に合いますよ、とS君が提案する。

 

 おおっ、それです...と、東横線で反町に行き、そこからぶらぶらと歩いて、中央卸売市場にやってきたのだった。

 昼近くの卸売市場は、すでに仕事も終わって閑散としていた。

 その中を、食堂のある一角を目指していくと人がたくさん...やれやれ、まだ開いているようだ。

 

 

    66.jpg

 

続きはこちらです


nice!(113)  コメント(93) 
共通テーマ:グルメ・料理

疲れを蹴飛ばせ [わたしの食欲]

 

 

    356.jpg

 

 前稿で、柿生駅界隈を散歩した日は、とても暑い日だった。

 

 柿生の里は、川沿いに広がる平地とそのまわりに丘が入り交じる地形である。

 そこを、友人のS君と二人、のんびりと散歩をしていたら、いろいろな景色が愉しめた。

 ...のだけれど、なにしろ、アップダウンの続く道を歩いてきて、柿生駅まで戻ったら、もう疲労困憊である。

 

 駅で時計を見たら、もう昼も過ぎようか、という時間なのだった。

 どこかに移動して昼ご飯を...と、小田急の路線図を眺めていたら、町田駅が目に入った。

 町田...そうだ、町田で馬肉だ。

 

 たちまちS君と相談が纏まって小田急線に乗り、町田駅から歩いてすぐの、「柿島屋」にやって来た。

 それにしても町田駅界隈の賑やかさには、いつも驚かされる。

 さほど頻繁に訪れるわけではないのだが、来るたびに繁華街が大きくそして賑やかになっているように感じる。

 

 

 

    357.jpg

 

続きはこちらです


nice!(107)  コメント(101) 
共通テーマ:グルメ・料理

どうやって店を決めようか [わたしの食欲]

 

 

    216.jpg

 

 前稿からずいぶん間が空いてしまったけれど、ゴールデンウィークの話を続けようと思う。

 

 5月4日、友人のS君と「神奈川県庁・本庁舎」を見学して、さてどこに行こう、ということになった。

 この日は、昼過ぎに横浜に行ったので、見学を終えたら、もう午後も遅くになっていたのである。

 

 そういえば、昼食も抜きなので、お腹がいささか以上に減っていた。

 それで、夜にはまだ早いけれど、中華街で食事をしようか、と話が纏まったのだった。

 日本大通りの県庁から中華街まで、緑豊かな街路樹や昔ながらの建物を見ながらの散歩...

 ...15分程度だろうか、それはとても心地良いものだった。

 

 さて、中華街までやって来たらたいへんな混雑である。

 大通はもちろん、中通りや小路まで人で溢れているのだった。

 覚悟していたとはいえ、その混雑ぶりにはビックリ。

 どこで食事をしようか...有名店や大きな店は、食事時間を外れていても、とても入れないだろうし。

 

続きはこちらです


nice!(121)  コメント(117) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の10件 | - わたしの食欲 ブログトップ