So-net無料ブログ作成
くらしの中で ブログトップ
前の10件 | -

厄年考 - ご無沙汰の言い訳 ー [くらしの中で]





    198.jpg




 皆さま、ほんとご無沙汰しました。




 ...という始まりの記事を、今年は何回アップしたことでしょう。

 前回の記事以降、いろいろなことがあり、ブログまで手が回らぬ日々なのでした。




 まずは近所の小学校の「開校40周年記念行事」。

 わたしの住む区の公立小中学校では、10年毎に「開校記念行事」があるのですね。

 それは地域も巻き込んでの行事になります。

 準備に1年以上...行事が近づくと、それはそれは細々とした仕事が山のように...

 10月の某日、その式典祝賀会が無事済んだのはなによりのことです。



 

 それで、やれやれ...と思ったら...母が転んで大腿骨を骨折してしまいました。

 ...すぐに入院、手術...いやはや...

 ...さいわい手術は無事成功し、その後の経過も順調なのは嬉しいこと、というもので。

 現在はリハビリ専門の病院に転院して、1日4回数時間のリハビリでヒーヒー言っていますが元気です。




 今年は年初の、わたし自身の肉離れから始まり夏には痛風...あれこれと体調不良が続きました。

 ...なんだかなあ...厄年という言葉が脳裏に浮かびます。

 そういえば、男の厄年って、40代後半くらいまでだったと思ったのですが、最近は伸びているみたい。

 人生60歳のころから比べると、平均寿命もだいぶ長くなり、厄年も増えたのかもしれませんね。




 ...おそらく、わたし個人にとって、今年は厄年だったのかもしれません。

 ...きっとそうだ、そうなんだ、とわが身に言い聞かせ、心の平安を保つ日々であります。






      ◇   ◇   ◇






    199.jpg





    200.jpg




 で、辛気臭い話はここまでにしましょうね。




 そういう面倒な日々を送っている間にも、何回か愉しい出来事もありました。

 ブログでお付き合いをいただく「竹口要さん」の作陶展で、ご夫妻と愉しい時間を過ごせたこと。

 そこで我が家に来てもらった器についてはまた後日にでも。




 そういうなか、我が家にやって来たのは、写真上の狛犬です。

 村中保彦さんの作る、ステンレス製の、狛犬(阿)であります。

 ごく小ぶりながら、豊かな表情と引き締まった姿が素敵で、狛犬好きの心を掴みます。

 今は机の端に置いて、毎日眺めて暮らしております。




 そんなこんな、ドタバタの日々は、もう少し続くことになりそうです。

 お伝えしたいことを並べたらこんな長文に...すみません。

 またしばらくご無沙汰になりそうですが、今月中には、斜里の記事もアップしたいと思っています。




 今回は、まずもってご無沙汰の言い訳とご挨拶まで。


共通テーマ:日記・雑感

ご無沙汰深謝 [くらしの中で]





    2017-7.jpg




 まるっきりのご無沙汰です。

 ホントごめんなさい。




 ただいま、町内の「ラジオ体操」責任者遂行中です。

 前の晩は11時か12時に寝て、午前4時起きの日々。

 すみません、前項にいただいたniceとコメントへのお返事も手つかずで...。




 青息吐息の日々もあと一週間で終わります。

 そうしましたら、またブログ始めます。

 まずはお詫びのご挨拶まで。




 ...このところ雨続きで、校庭開催の「ラジオ体操」、開催見極めに胃が痛いです。

 ...最終部の五日には台風の影も色濃く...ううう。


共通テーマ:日記・雑感

ご無沙汰してます [くらしの中で]





    130.jpg




 みなさん、ご無沙汰しました。

 ブログから離れていた時も、たくさんのご訪問とniceとコメントをありがとうございます。

 お返事できずにすみませんでした。

 それで、今回の出来事なんですがね...そもそもは...


 


 5月初旬、左足親指の付け根に鈍痛が始まり、なんだろう?と思っているうち...

 痛みがひどくなり...患部の周りが腫れ始めて...

 それで、事態の深刻さを感じて友人の医師のところに行ったのでした。




 痛風だな。




 検査をし、診察を終えた後、友人は医者の顔になって、そう言ったのです。




 ...ああ...ああ...痛風...

 わたしのまわりにも、痛風を患っている知人友人は多いのです。

 その痛みを聞いているときは他人事だったのに...わが身に起こるとはなあ...うーむ。




 友人は、さらに医者の顔になり、食事はきちんとしなきゃダメ、というのでした。

 野菜中心の食事を...脂濃いもの魚卵系そして青魚はご法度だぜ...ちゃんと守れよ、ナツパパ!




 それで、痛み止めを5日間、それから治療を始めて、ただいま治療継続中であります。

 仕事はやむを得ないものの、遊びでの外出は自粛中。

 日々の暮らしも思うに任せないのはつらいところ...と、泣き言は見苦しいですね。




 もう少ししたら、また以前のようなお気楽ナツパパで皆さんにお目にかかれると思います。

 わたしももう少しの間はガマン...でしょうか。




 すみません、なかなか皆さんのところにも伺えず、またお返事も滞っている有様です。

 今回は、niceとコメント欄を閉じさせていただきました。


共通テーマ:日記・雑感

名のみの春 [くらしの中で]


 
 
 
    19.jpg
 
 
 
 新春になって浮かれていたら、あっと言う間に1月は過ぎ去り、気がつけばもう2月も中旬。
 
 みなさんご無沙汰をしました。
 
 
 
 
 今年の冬は暖冬...という話を聞いた気がするけれど...いやはや、どうして。
 
 暖かい日があるかと思うと、凍えるような日が出来し油断が出来ない。
 
 そんな日々を、身をかがめながらやり過ごしてきたのだけれど...
 
 ...季節は変わり始めているのか...久し振りに出てみた庭では、紅梅が咲き始めていた。
 
 
 
 
 日当たりの良い場所では、既に1月中旬頃から、咲き始めていた梅。
 
 寒さの厳しいこの時期に、凛然とした姿で咲く梅が好きだ。
 
 それで、わが家の庭でも紅梅を植えているのだけれど、日当たりが今ひとつなのが惜しいところ。
 
 とは言いつつも、ようやく咲き始めた紅梅の、その紅色を見るのは嬉しいことだ。
 
 
  

続きはこちらです


nice!(151)  コメント(104) 
共通テーマ:日記・雑感

日々徒然 [くらしの中で]


 
 
 
    438.jpg
 
 
 
 みなさんご無沙汰しました。
 
 
 
 
 3月末の8日間、夫婦してヨーロッパに旅行をし、その顛末を「欧州道楽旅」として記事にして...
 
 ...それが目出度くお終いになった、と思ったらあちこちから所用が出てきて...てんてこ舞いの日々。
 
 まるで待っていたかのよう...そういうことってあるのですねえ。
 
 
 
 
 で、そういう日々の中、以前からお付き合いのある皆さんと、わが家で呑み会をすることになった。
 
 ...小ブログでは、何回も登場してくださった皆さん...
 
 普段はレストランなどで会食をするのだが、年に一度ほど、わが家で呑み会を催す。
 
 その時は、皆さんが一品持ち寄るのがお約束になり、今回も、たくさんの料理が卓上に並んだのだった。
 
 前もって相談などしないのに、それぞれの持ち寄る料理が被らないのは、長年の付き合いゆえなのだろうか。
 
 
  

続きはこちらです


nice!(129)  コメント(108) 
共通テーマ:日記・雑感

一目惚れを愉しむ [くらしの中で]


 
 
 
    52.jpg
 
 
 
 写真上のカメラは、2月26日に発売された「OLYMPUS PEN F」である。
 
 発売日以前に予約を申し込み、26日当日、自宅に届いた。
 
 バリバリの最新鋭カメラ...買っちゃったのであります。
 
 
 
 
 OLYMPUSは国内のカメラメーカーとして第何位になるのかは不明だが、今まで独自の路線を続けてきた。
 
 デジタルカメラに特化したフォーサーズ規格、そして、軽量小型のマイクロ・フォーサーズがそれである。
 
 わたしは、OLYMPUSとは長い付き合いで、概略10台以上のカメラを使ってきた。
 
 最近は、CANONやSONYのカメラを使っているけれど、それでも古馴染みのOLYMPUSはいつも気になる。
 
 
 
 
 今回のPEN Fは、新発売のアナウンスで、その写真を見て心を捕まれてしまった。
 
 そしてよせばいいのに、新宿の「オリンパスプラザ」で実物を触り、ああ嗚呼、恋に落ちてしまったのである。
 
 
 
 
 このカメラは、なによりもデザインに心が惹かれる。
 
 かっちりとしたボディーラインに様々なダイアルが並び、まるで昔のカメラのよう。
 
 思わず使いたくなったのである。
 
 
 
 
 
 
  ※ 下の写真入れ替えました。
 
    先日、新宿「マップカメラ」に寄ったら、シャッターに付けるボタンを売っていました。
 
    これを付けると、シャッターを切るときに、一層使いやすくなります。
 
    ねじ込み式でシャッターに付けるのですが、デジタルになって、シャッターにねじ穴が無くなってしまい、
 
    そのため付けられなくなっていたのですね。
 
    PEN Fのシャッターにはねじ穴があって、こうやってボタンを付けることが出来ます。
 
    色は赤にしました。
 
    ちょっとしたアクセントになり、一層このカメラに愛着が深まりました。          3.15  追記 
 
  
 
 
 
    53a.jpg
 
 

続きはこちらです


nice!(133)  コメント(102) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

川越ふじ太鼓演奏会を聞きに行く [くらしの中で]


 
 
 
    20.jpg
 
 
 
 もう一週間ほど前になる1月24日、「川越ふじ太鼓」の演奏会があった。
 
 「川越ふじ太鼓」は、ブログでお付き合いいただく じゅんぺいさん と息子さんお二人が参加されている団体で、
 
 ほぼ2年に一度演奏会を催す。
 
 2011年の演奏会にお誘いをいただき、初めてその演奏を拝見して、一度で魅了された。
 
 
 
 
 じゅんぺいさんから、今年の演奏会にも誘っていただき、この日、ワクワクしながら会場まで行ったのである。
 
 会場は「ウェスタ川越」というところで、3階まで席のある大きなホール...1700席あるという。
 
 そのホールが、開演前には8割方埋まっていて、演奏中もお客さんが続々入ってきて、ついには満席になった。
 
 以て「川越ふじ太鼓」の人気が分かる。
 
 わたしは2階席の端で見物を...舞台全体が俯瞰できて良い席だった。
 
 
  

続きはこちらです


nice!(113)  コメント(77) 
共通テーマ:芸能

やれやれの新年  その後 [くらしの中で]

 
 
 
 
    14.jpg
 
 
 
 息子と部屋を交換して10日ほど経って、だんだん生活も落ち着いてきた。
 
 部屋にも馴染んできて、よそ行きの雰囲気もなくなってきた...のだが、換えたいところも出てくるのだった。
 
 その一つが机で、今まで息子が使ってきた学習机をそのまま使うことになったこと。
 
 
 
 
 その机は、息子が小学校に入学したとき買い求めたもので、当時の流行ゆえ、様々な仕掛けが付いている。
 
 当時流行したキャラクターが机のそこかしこにプリントされていて、目を上げると、ポケモンがたくさん。
 
 その、様々な仕掛けやキャラクターを撤去して、「大人さま仕様」にしたのだけれど、それでも不満が残った。
 
 上の写真がその状態なのだが、...わたしにはちょっと小さいのだ。
 
 
 
 
 今まで15年以上、大きな机を使い続けてきたためか、狭い机がどうにも使い難く感じられるのである。
 
 そこで、断捨離したばかりだけれど、新しい大きな机を買おう、と決心したのだった。
 
 
 
 
 妻に聞くと、「IKEA」の、大きく広い店内には様々な家具があって、もちろん机も多種類ある、とのこと。
 
 さらに、「IKEA」の家具は組み立て式だから、その日に持ち帰って家で組み立てられる、というのだ。
 
 なるほどそれは便利だ...と、「IKEA」に行く前日、机を分解してしまった。
 
 持ち帰った机をすぐに組み立てられるように...でも、それは、大変な見込み違いだったのである。
 
 
 
 
 
 
    17a.jpg
 
 
  

続きはこちらです


nice!(127)  コメント(89) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

やれやれの新年 [くらしの中で]


 
 
 
    1.jpg
 
 
 
 新年明けましておめでとうございます。
 
 少し遅れ気味のご挨拶、そして、長らくご無沙汰しました。
 
 
 
 
 穏やかに開けた2016年、元旦は、家族揃って迎えることが出来た。
 
 放って置けば昼過ぎまで寝ている息子もたたき起こし、おめでとう、と食卓を囲むのが毎年の習いである。
 
 妻と母が用意したお節、そしてお雑煮を頂く。
 
 煮物も酢の物も雑煮も、家庭で作るものだけれど、食べ慣れたわが家の味。
 
 
 
 
 ゆっくりとすごし、そのあと近所の神社に初詣に行き...と、お正月を満喫できた年明けになった。
 
 ...が、今年は例年に増して、ドタバタした年末年始なのだった。
 
 昨年末に一念発起して懸案を片付け...ようとして果たせず、新年になってしまったのだ。
 
 それでも、せめて元旦くらいは、と決めての余裕は、翌日からの戦闘再開を睨んでの、まあ、束の間の休息。
 
 
 
 
 
 
    2.jpg
 
 
   

で、翌日からは...


nice!(125)  コメント(140) 
共通テーマ:日記・雑感

一攫千金を目論む [くらしの中で]


 
 
 
    334.jpg
 
 
 
 今年の夏がまだまだ盛りの頃、「暑気払い」を催したことがある。
 
 息子も通っていた地元の小学校でPTAの役員をし、そのあとも地域で役職に就く人が集まって。
 
 ワイワイと愉しくやっていたら、仲間のKさんが「ハイこれ」といって袋を取り出した。
 
 中を覗くと球根で、そうね7~80個は入っている。
 
 
 
 
 ...これなに?...ほら、前に言っていたヤツですよ...?...サフラン!...ああ、これがかぁ
 
 
 
 
 Kさんは近所でも大きな農家の跡取りで、好奇心旺盛な青年。
 
 その彼は、畑の隅に珍しい作物を植えている。
 
 その一つがサフランで、彼が作った乾燥サフランを、地域のおまつりで使い、サフランライスにして供する。
 
 そして、その上にカレーを掛けるのが、最近名物になってきた。
 
 
 
 
 ところが、乾燥サフランを作るのに、とても手間が掛かるのだそうだ。
 
 ...サフラン自体は放っておいても花を付けるのだけれど、雌しべを取り出し乾燥させる手間がねえ。
 
 誰か乾燥サフラン一緒に作らない?という呼びかけに、手を挙げたのは、なにを隠そうこのわたしなのだった。
 
 
 
 
 もらったサフランの球根を、8月末に植えたら、9月初旬に芽が出た。
 
 
  

続きはこちらです


nice!(133)  コメント(102) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | - くらしの中で ブログトップ