So-net無料ブログ作成
食べもの ブログトップ
前の10件 | -

ポテトサラダを...もっと 【欧州道楽旅 番外編】 [食べもの]


 
 
 
    455.jpg
 
 
 
 写真上は、今年の春、夫婦で旅行したドイツ南部の、ニュルンベルクで食べたソーセージである。
 
 小ぶりなソーセージは、ニュルンベルクソーセージと地名を冠していて、当地の名物。
 
 名物だけあってさすがに美味しく、この地を訪れたらぜひ召し上がっていただきたい一件である。
 
 わたしたちも、このソーセージが目当てでニュルンベルクを訪れ、ソーセージを飽食したのだった。
 
 
 
 
 ...それは知ってるぞ、ナツパパ...【欧州道楽旅】で記事にしてたじゃないか...
 
 
 
 
 ...と仰る向きもあろうか、と思うが、待てしばし...
 
 今回は、ソーセージじゃなくてつけ合わせの方。
 
 ニュルンベルクソーセージを注文すると、ザワークラウトかポテトサラダがつけ合わせで付いてくる。
 
 わたしは年来のじゃがいも好きなので、ポテトサラダを注文したところ、これが実に美味しかったのである。
 
 
 
 
 日本で食べるポテトサラダとは異なりヴィネガーを使うさっぱりした味わい。
 
 フレンチドレッシングを掛け回したような、酸味と甘味が綯い交ぜになっている。
 
 これは美味しいなあ、と一度でファンになった。
 
 それからは、どこの食堂でもポテトサラダを注文し、満足してきたのだった。
 
 
  

続きはこちらです


nice!(133)  コメント(92) 
共通テーマ:グルメ・料理

蕎麦を見に行ってみよう [食べもの]


 
 
 
    269.jpg
 
 
 
 甥の結婚式と披露宴の翌日、わたしたち一家はレンタカーを借りて旅に出た。
 
 今年の9月初旬...北海道は、ちょうど夏が終わって秋が顔を出した、その境目となった
 
 旅先では、夏の名残と秋の兆しが微妙に入り交じった、その様子を愉しむことができそうだ。
 
 
 
 
 札幌市内で、今年もスバル・レガシーワゴンを借り、荷物を積んで、さて、出かけようと思う。
 
 今日の目的地は道北の稚内市である。
 
 札幌から稚内まで、高速道路を使えば意外なほど早く着ける...のだが、それじゃあ、面白くない。
 
 さいわい運転手は3人いるのだから、あちこち寄り道しながら稚内まで行こう、ということになった。
 
 
 
 
 ...で、寄り道はどこから?...旭川の先からにしようよ、と妻が提案する。
 
 それもそうだね、旭川までは何回も行ったことがあるし。 
 
 
  

で、士別まで高速でビュン


nice!(118)  コメント(85) 
共通テーマ:旅行

ご縁再び [食べもの]


 
 
 
    225.jpg
 
 
 
 先日のこと、所用で長野県上田市に行くことになった。
 
 所用自体は簡単なものだったので、ゆっくりと家を出て、新幹線でのんびりと...と考えていた...のだが...
 
 ...上田市と松本市は峠一つをはさんで隣同士であることに、ふと、気づいたのだった。
 
 先日約10年ぶりに訪れた松本市は、以前の思い出と変わらず魅力的な街、その街が山一つ向こうにあるとは。
 
 
 
 そこで、松本にも行ってみようと、朝早く車で出発し、高速道路を使って上田市に赴き、手早く所用をすませた。
 
 上田市から松本市へは、青木峠三才山峠の2本の道があるけれど、三才山峠が圧倒的に便利である。
 
 わたしも、三才山峠の長いトンネルを通り、上田市から約1時間で、松本市に着いたのだった。
 
 
 
 ちょうどお昼前、まずは腹ごしらえをしようと、市内女鳥羽川沿いの駐車場に車を止めた。
 
 先日訪れてからふた月足らずだが、松本はすっかり夏景色なのだった。
 
  

続きはこちらです


nice!(122)  コメント(97) 
共通テーマ:旅行

甘いものはいかが [食べもの]

 

 

    637.jpg

 

 用事が出来て父と二人、九州を珍道中したのは、早いものでもう一月も前のことになる。

 

 旅の途中、父は元気いっぱいで九州を愉しんでいたが、もっとも愉しんだのは買い物ではなかっただろうか。

 もともと買い物が大好きなところに、初めて出会う九州のあれこれが目の前に現れたものだから...

 あそこで、そちらで、さらにここでも...買い求めたそれらを、父は片っ端から東京の事務所宛に送るのだった。

 

 帰京して週明け、事務所には九州土産が小山のように積み上がり、ちょっとした九州物産館の有様。

 これには、わたしを含め、事務所の所員一同唖然としてしまい、思わず父の顔を盗み見たりして。

 さらに驚くことには、その小山のような土産は、10日も経たないうちに、父によってほとんどが配られてしまったのである

 それでも所員一同に、無事九州土産が行き渡ったことは、まことに慶賀に堪えない。

 

 さて、上の写真は、僅かに残った土産のうち、我が家に持ってきた菓子である。

 週明けの事務所に積まれた土産を知らない妻と息子は、こんなにいっぱい、と喜んでいたが...

 

続きはこちらです


nice!(87)  コメント(136) 
共通テーマ:グルメ・料理

さて、最後に寄り道など [食べもの]

 

 

    490.jpg

 

 江ノ島見物を済ませて、江ノ電江ノ島駅まで戻ってくると、もう午後も夕方近くだった。

 江ノ島中を歩き回ってクタクタだけれど、このまま帰るのは惜しい気分。

 ...かといって、これからどこかを見物、というのも厳しい。

 

 そこで、江ノ島駅で賭をすることになった。

 藤沢行きか鎌倉行きか、どちらか先に来た方に乗ろう、というもの。

 先ずやってきたのは鎌倉行きだった。

 そこで、鎌倉行きの電車に乗り込む...車内のエアコンが心地良くてつい溜息が出た。

 

 鎌倉行きの電車は、七里ヶ浜駅を出ると、車窓には大きく海が広がる。

 青い空と青い海、そして白い雲...素晴らしい景色が車窓を流れ、乗客の眼はそちらに釘付けとなるのだった。

 

 

    491.jpg

 

続きはこちらです


nice!(84)  コメント(128) 
共通テーマ:日記・雑感

7月のおやつ屋さん [食べもの]

 

 

    371.jpg

 

 7月始め、いつもより早く梅雨が明けた。

 

 明けたとたん、真っ青な空に白い雲...夏空がやってきて、気温もウナギのぼり。

 毎年同じだけれど、今年も、夏はいきなりやってきて、こちらの体力気力を奪っていく。

 

 そんな日々を青息吐息で送っていたら、北海道・十勝の「六花亭」から、「おやつ屋さん」が到着した。

 先月はお願いし忘れてしまった「おやつ屋さん」、今月こそ、と7月に入ってすぐ「六花亭」に注文したもの。

 律儀な「六花亭」は、注文確認、発送、そして到着日のお知らせ、と何通ものメールで知らせてくれる。

 その「六花亭」と、有能な「クロネコさん」のおかげで、今月も無事、「おやつ屋さん」が我が家にやってきたのだった。

 

 ヤレヤレ...今月は大丈夫?という、家族からの眼差しが、これで無くなるだろう。

 

続きはこちらです


nice!(76)  コメント(115) 
共通テーマ:グルメ・料理

6月のおやつ屋さん...は? [食べもの]

 

 

    315.jpg

 

 「ただいま~。曇り空でムシムシしてたね~。梅雨だなあ。」

 「 ...... 」

 「 ...... 」

 「あれ、親子揃ってソファーでテレビか...良いねえ、仲良くて。」

 「 ...... 」

 「 ...... 」

 「えっ、なに、どーしたの、二人ともそんな仏頂面してさ...ケンカでもしたのかい。」

 「 ...... 」

 「 ...... おとうさん、6月のおやつ屋さんは?」

 

 

 「 ...... あっ、忘れてた。」

 

続きはこちらです


nice!(72)  コメント(109) 
共通テーマ:グルメ・料理

5月のおやつ屋さん [食べもの]

 

 

    232.jpg

 

 風薫る5月...という言葉があるけれど、それが実感できた、今年の5月である。

 爽やかな風、木々の新緑、そしてきらりと輝く日差し...何もかもが愛おしく感じられる。

 それは、梅雨が来る前に、天から贈られるご褒美のようにも思えるのだ。

 

 今はただ、そのご褒美を愉しまなくては。

 

 そんな5月のある日、「六花亭」から「おやつ屋さん」が我が家にやってきたのだった。

 大震災の影響などがあって、約3ヶ月ぶりの「おやつ屋さん」、慣れたはずのお菓子が新鮮に思えた。

 写真上・真ん中の「今ここから」という包装は、大震災に負けず頑張ろう、という「六花亭」からのメッセージである。

 

続きはこちらです


nice!(72)  コメント(92) 
共通テーマ:グルメ・料理

話題のお菓子はいかが [食べもの]

 

 

    208.jpg

 

 写真上は、先日訪れた「S.L.B.」の展示会で、旧知のIさんが出して下さったお菓子である。

 

 山形にある「小松屋本店」というお菓子屋さんで作っているお菓子、なんでも話題沸騰、大人気の一件なのだそうだ。

 わざわざ、この日のために取り寄せて下さったのだとか。

 ちょうど小腹も空いていた午後、Iさんのご厚意が嬉しく、さっそく頂くことになった。

 

 大きな箱を開けると、そこは、また小箱に分かれていて、「いもむし」とか「カブト虫」とかのステッカーが貼ってある。

 ふと、気配を感じて周りを見ると、ナツパパさん驚かないでね、と悪戯っぽく笑うIさんの顔が。

 

続きはこちらからですが、虫系の苦手な方はここで引き返した方が...


nice!(65)  コメント(101) 
共通テーマ:グルメ・料理

「おやつ屋さん」が完売で [食べもの]

 

 

    154.jpg

 

 我が家では、北海道帯広の「六花亭」から、毎月「おやつ屋さん」を送ってもらっている。

 

 じつは先月も注文していた。

 到着予定日が3月12日、地震のあった11日はどこかにいたと思うのだが、震災の混乱で結局荷物は届かなかった。

 すると「六花亭」は、すべての代金を現金書留で戻してくれたのだった...謝罪の手紙と共に。

 

 4月に入り、「六花亭」から「おやつ屋さん」のパンフレットが届き、早速注文したら、なんと早くも完売。

 ...残念だが仕方ない。

 それでも未練たっぷりに、パンフレットを見ていたら、表紙の「柏手焼」を始めましたという。

 巻頭の、社長のエッセイにも「自信があります」と書いてあるではないか。

 

 その言や良し。

 そこで早速注文することにした。

 

続きはこちらです


nice!(44)  コメント(64) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の10件 | - 食べもの ブログトップ