So-net無料ブログ作成
検索選択
狛犬さん見物 ブログトップ
前の10件 | -

さすが焼き物の本場だけあって [狛犬さん見物]


 
 
 
    553.jpg
 
 
 
 写真上は、愛知県常滑市にある「常滑神明社」である。
 
 この秋のこと、東京を離れ愛知県までドライブを愉しんだときに訪れた。 
 
 常滑市は、古来より焼き物で栄えた町で、今でも陶器産業が盛ん...食器も多くの店で作られている。
 
 なにしろ器好きの身ゆえ、常滑焼の食器を見てみたい、とやって来たのである。
 
 
 
 
 ところで、常滑駅から山側に、以前陶器を作っていた窯元が点在する一角がある。
 
 その地域には「やきもの散歩道」が整備されていて、細い散歩道をたどっていくと、何軒もの店が現れるのだ。
 
 陶器好き食器好きのわたしにはこたえられないところで、歩いていて本当に愉しいところなのだった。
 
 
 
 
 「常滑神明社」はその「やきもの散歩道」からすぐ、古い街道沿いに静かにあった。
 
 神社の境内は小山全体なので、鳥居を潜ると本殿までは急な階段が待っている。 
 
 
 
 
 
 
    554.jpg
 
 
 

続きはこちらです


nice!(138)  コメント(80) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

麻布飯倉八幡神社 [狛犬さん見物]


 
 
 
    475.jpg
 
 
 
 写真上は、麻布飯倉交差点近くの西久保八幡神社。
 
 寛弘年間(1004~1012)創建の古社で、麻布飯倉地域の鎮守である。 
 
 神谷町からの広い道路の脇、階段を上った丘の上にある。
 
 以前はおそらく、道路は田んぼで、丘はきっと雑木林だったことだろう。
 
 
 
 
 この神社にやってきたのはまだ初夏の頃で、見ると緑も若く清々しい。
 
 友人のS君と街歩きの途中、狛犬を見に立ち寄ったのだった。
 
 
 
 
 ところで、麻布飯倉の交差点は、じつは全国でも珍しいところなのだそうだ。
 
 わたしは文化系なので、詳しくはなんというのかは知らないのだけれども...
 
 二本の放物線が、一本の放物線では最下点で、もう一本では最上点で接する方程式があるそうで...
 
 ...その方程式を実際の地形で見ることができるのが、麻布飯倉の交差点なのだそうだ。
 
 そういえば、神谷町からの道路は交差点が坂の頂上だし、六本木からの道路は、下り坂の一番下である。
 
 
 
 
 ...だからどうだ...というものでは無いのだけれど、知っているとついつい話をしたくなってしまう。
 
 すみません...おしゃべりの宿命なのだろうかなあ。
 
 
 
 
 
 
    476.jpg
 
 
  

...あ、それより狛犬狛犬...


nice!(128)  コメント(90) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

みたけか?おんたけか? [狛犬さん見物]


 
 
 
    74.jpg
 
 
 
 洗足池駅で見物を終え、友人のS君と二人、やって来たのは御嶽山(おんたけさん)駅である。
 
 この駅そばに「御嶽神社」がある...違った、神社のそばに出来た駅なので、御嶽山駅なのだった。
 
 その御嶽神社に、それぞれ姿の異なる狛犬が3対あって、この日はそれを訪ねて。
 
 
 
 
 ところで「御嶽神社」の御嶽とは、木曽御嶽山が由来である。
 
 1535(天文4)年、御嶽神社として創祀された、と社伝にある。
 
 江戸、文政年間、この神社が木曽御嶽大神の示現の社である、とされて、関東一円に信者が激増した。
 
 江戸期に盛んとなった山岳信仰、富士講大山講そして御嶽講の、拠点だったのである。
 
 
 
 
 そういう次第で、関東地方一円には、御嶽神社が点在する。
 
 そして、御嶽を「おんたけ」と呼ぶ神社と、「みたけ」と呼ぶ神社に別れているようだ。 
 
 青梅の奥に「武蔵御嶽神社」があって、彼の神社も山岳信仰の拠点であるが、「みたけじんじゃ」と呼ぶ。
 
 双方どう違うかというと、祭神の違いであり、また信仰の対象である山の違いでもあるそうだ。
 
 「みたけ」は吉野金峰山を呼ぶことが多く、また、奥多摩の神社も、その山を「みたけさん」と呼ぶ。
 
 総じて、「みたけ」とは、信仰の対象でもある山への尊称と考えた方が良さそうだ。 
 
 

 
 一方「おんたけ」は木曽御嶽山のみを指すそうで、御嶽山信仰のこの神社は、「おんたけじんじゃ」と呼ぶことになる。
 
 なんだか、話がマニアックな領域になってしまい恐縮です。 
 
 ...が、木曽御嶽山も「みたけ」と呼ぶ場合もあるそうなので、なんだか混乱してしまいそうだぞ。
 
 
  

続きはこちらです


nice!(105)  コメント(71) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

子だくさんに和む [狛犬さん見物]


 
 
 
    30.jpg
 
 
 
 いきなりの写真は、京急大森町駅を通過する快速特急である。
 
 なぜにこの写真か?...というと、久し振りに撮った流し撮りが嬉しかったから。
 
 手持ちのカメラのうち、SONY α6000はシャッターのレスポンスが早く、わたしでも流し撮りが出来るのだ。
 
 
 
 
 先日、友人のS君と街歩きをした。
 
 その際、試しに撮って見たら、なんとか先頭の一部が止まったので、嬉しくて記事に載せてしまったのである。
 
 鉄道好きの端くれとしては、もう少し修業をして、流し撮りの上達を目指そうと思う。
 
 
 
 
 ...で、なんでわたしが京急の駅にいたか、という話を、これからしてみようかと思うのである。
 
 
  

...目指すところは鉄道ではなく


nice!(124)  コメント(75) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ここまで来ると本気で怖い [狛犬さん見物]


 
 
 
 
    170.jpg
 
 
 
 さて、友人のS君と一緒に街歩きをして、やって来たのは「末吉神社」である。
 
 ここは神奈川県横浜市鶴見区上末吉というところで、鶴見駅から北へ2㎞ほどの場所。
 
 鶴見川に沿って河岸段丘が続き、また丘と平地が入り交じる地形、今では、そのどちらも住宅地になっていた。
 
 
 
 
 目指す「末吉神社」は、丘の下、住宅街の奥に、ひっそりと佇んでいるのだった。 
 
 今回は、この神社の狛犬を紹介しようと思う。
 
 
  

続きはこちらです


nice!(119)  コメント(96) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

時代を感じる [狛犬さん見物]


 
 
 
    129.jpg
 
 
 
 もうひと月以上前になるか、友人のS君と散歩をした。
 
 新川崎駅から鶴見駅までの地域を、歩いたりバスに乗ったりして見物したのだが、その時の話をしようかと思う。
 
 
 
 
 そこで、訪れたのは、JR南武線武蔵中原駅近くの「大戸神社」である。
 
 駅から歩いて4~5分、中原街道に面して鳥居が立っていて、そこが入口なのだった。
 
 参道には木々も植えられ、石碑や灯籠も多くあって由緒が感じられた。
 
 
  

続きはこちらです


nice!(92)  コメント(74) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

見上げる仕草に心和む [狛犬さん見物]


 
 
 
 
    88.jpg
 
 
 
 少し前になるが、友人S君と狛犬見物もかねて街歩きをした。
 
 尋ねたのは神奈川県戸塚駅界隈である。
 
 戸塚駅周辺は、旧東海道戸塚宿があったところで、そういうところには古くからの寺社とそして狛犬があるので。 
 
 戸塚駅から西に、国道1号線に沿って街並みが続いていた。
 
 江戸期の本陣跡だったり昔から続く店など、また、寺社で狛犬を見物しながら、歩いていて飽きない街だ。 
 
 
 
 
 そうして歩いていって、街並みがそろそろお終いという頃、「冨塚(とみづか)八幡宮」の境内があった。
 
 この神社は、1072(延久4)年創建の古社で、旧戸塚宿の総鎮守。
 
 現在でも、横浜市戸塚区泉区瀬谷区にわたる、広大な氏子域を持っているそうだ。
 
 
 
 
 国道脇の鳥居を潜ると、手水舎があり、本殿は階段を上って、小山の中腹にあるのだった。
 
 けっこう急な階段で、登っていくと息が切れた。 
 
 
 
 
 
 
    89.jpg
 
 
  

続きはこちらです


nice!(106)  コメント(77) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

好きも楽じゃない [狛犬さん見物]


 
 
 
 
    31.jpg
 
 
 
 1月に入ってすぐ、友人のS君と日帰りの小旅行をすることになった。
 
 
 
 
 正月にはどこかに行こうあれをしよう、と毎年の年末に盛り上がるのに...
 
 ...ついぞ実現した試しがないのを、今年こそはなんとかしようと言うことになって。
 
 題して「新春阿房旅行」 ...目的を決めず、ふらりと電車に乗ってどこかに行き帰ってくる、それだけ。
 
 そんなこと、正月くらいしかできないだろう、と思うのである。
 
 
 
 
 で、1月某日、とりあえず集合したのは東武鉄道浅草駅である。
 
 なぜかといえば、東武鉄道は路線も長く、先には日光とか鬼怒川とか、その気になれば会津にだって行けちゃうのだ。
 
 その気になるかどうかは気分次第...その緩さが旅心を刺激するのだった。
 
 
 
 
 改札口で見ると、日光鬼怒川行きの区間快速が間近に出発するらしい。
 
 

それに乗ってみようよ


nice!(122)  コメント(101) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

なにかご不満でも? [狛犬さん見物]


 
 
 
 
    237.jpg 
 
 
 
 だいぶ前に訪れた狛犬のことを記事にしたいと思う。
 
 ...それは今年の夏のことで、見物した狛犬は、じつに面白い姿形だったのだが、ちょっと躊躇することがあって。
 
 
 
 
 原因は上の写真である。
 
 
 
 
 ご覧になって、あれ?どこかで見たぞ、ナツパパ...と仰る方がお出でかと思う。
 
 じつは、夏頃、「いつのまに...どうして」という記事を記してアップしたことがある。
 
 その折、この写真と、狛犬の修正写真を載せた。
 
 記事の内容が、いつもとは少し毛色の違う内容だったので、すぐ後に狛犬見物の記事にすることをためらったのだった。 
 
 あれから4ヶ月...もうそろそろ良いかな、と思い、今回記事にしてみた。
 
 
 
 
 さて、ここは、港区三田3丁目にある「御田八幡神社」の境内。
 
 鬱蒼と生い茂った木々が、周囲のビルを隠し、あたかも郊外にいるかのような雰囲気を醸し出しているのだった。
 
 
  

続きはこちらです


nice!(116)  コメント(85) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

年齢詐称疑惑...なのか [狛犬さん見物]


 
 
 
    114.jpg
 
 
 
 さて、話はずいぶん前のことに戻るのだけれど...
  
 4月中旬、友人のS君と横浜市金沢付近を散歩したときのことを続けたいと思う。
 
 
 
 その日は、今から見ると暑くも寒くもない陽気の一日で、海に近い金沢付近を歩いていると実に気持ちよかった。
 
 金沢八景金沢文庫、と二つの駅にまたがる金沢の街は、賑やかな街である。
 
 そして、東京湾船運の湊町、また横須賀街道の宿駅、として古くから栄えた街。
 
 旧横須賀街道沿いには寺社も多く並び、古くから続く街特有の、落ち着いた雰囲気を醸し出しいているのだった。
 
 
 
 写真上は、その中の一つ「龍華寺」で、きれいに整えられた境内には、牡丹を始め多くの花が咲き誇っていた。
 
 春一色の景色は、今でも記憶の中で素敵な思い出である。
 
 
 
 
 
 
    115.jpg 
 
 

続きはこちらです


nice!(107)  コメント(74) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の10件 | - 狛犬さん見物 ブログトップ