So-net無料ブログ作成

ほっと一息の新年 [くらしの中で]





    1.jpg




 皆さま、遅ればせながら、あけましておめでとうございます。

 ご挨拶にもうかがえず、すみません。

 本年もどうぞよろしくお願いいたします。




 さて、昨年9月に転倒して大腿骨を骨折した母が、この度はれて退院することになった。

 緊急に入院した病院で手術とその後の経過観察に1か月。

 手術の成功を待って、リハビリ専門の病院に転院して2か月と少し。

 ようやく病院の許可が出て、自宅に戻ることが出来たのである。




 転院先では、1日4回4時間のリハビリを続けて、日常生活には支障がないとのこと。

 転倒以前の様子にはまだまだ届かないけれども、元気な母の様子を見るとホッとする。




 以前は寝室にしていた畳の部屋をリフォームして、これからここが母の居場所である。

 穏やかに注ぐ冬の日差しが、母の、この先の日々を明るくしてくれるように感じられるのだった。

 なにはともあれ、ほっと一息の新年であります。






    2.jpg


共通テーマ:blog

宿願を果たす 続き 【オホーツクで24時間 その2】 [旅行中  国内編]





    184.jpg




 承前




 念願を果たし、やってきた「北のアルプ美術館」は、斜里の街の郊外にたたずんでいた。

 その敷地だけ、北方の樹木が繁り、格別の雰囲気を感じる。




 駐車場に車を止め、玄関で声をかけると、館員のご婦人が現れた。

 名簿に名前を書き、さて入館費は?と伺うと、無料とのことである。

 個人の美術館とはいえ、無料には驚いた。

 この美術館の創設者にして館長である山崎猛氏の、この施設に対する姿勢を見る思いだ。




 美術館の建物は、三井農林が従業員の寮として使っていたもの。

 山崎氏が開館にあたって譲り受け、館内の構造はそのままに、美術館として改装しつつ使っている。

 したがって、玄関は普通の家の大きさであるし、階段や廊下も小ぢんまりしているのだった。



続きはこちらです


nice!(124)  コメント(85) 
共通テーマ:旅行

せっかくなのでドライブを 【オホーツクで24時間 その3】 [旅行中  国内編]





    3.jpg




 「北のアルプ美術館」を見学して、さて、その日は網走駅前に宿を取っていた。

 網走までは、海岸沿いの国道で4~50分か、広く快適な道路が続く。

 途中には原生花園などもあり、できればそこも見てみたい...と思ったら、いきなりの雷雨。

 前が見えないような雷雨と、ゆく手には落雷の閃光が幾本も見えるではないか。




 これは網走に戻って宿に入ったほうがいい、と判断して、網走駅前のホテルに急いだのだった。

 その後も、雷と雷雨は続き、遠くには出かけられない様子である。

 網走の街は駅から繁華街まで離れているので、楽しみにしていたオホーツクの美味は諦めざるを得ず、

 駅前の蕎麦屋でカツ丼を食べて、それで満足した...ちょっと残念。




 一夜明けて、朝ご飯はホテルで一般的なバイキングである。

 わたしはバイキングの朝食が苦手で...なぜならば食べすぎるから。

 あれもこれもと皿にとって、結局苦しいばかりの満腹、昼ごはんが食べられなくなってしまう。




 写真上は、この日の朝ごはんだけれど、なーに、カッコつけて、初めはこれだけにしたのである。

 じつは山盛りのお代わりをして、結局どうにもならなくなってしまったのだった。



さてどこに行こうかな


nice!(79)  コメント(58) 
共通テーマ:旅行