So-net無料ブログ作成

腹も身の内 ’17 [わたしの食欲]





    169.jpg




 息子が小学生のころ、通う学校のPTAで、わたしは2年間役員をした。

 そのとき一緒に役員をした仲間とは、今でも年に数回会食をする。

 会場は近所の店だったり我が家だったり、なのだけれど、年に一回ハメを外して...

 ...ちょっと贅沢だけれど、いつもは入れないような店で愉しむのである。




 拙ブログでは「腹も身の内」という題で、過去2年の出来事を記事にしてきた( ’15 ’16 )。

 今年もその機会に恵まれ、やってきたのは日本橋にある「マンダリン・オリエンタルホテル東京」。

 いわずと知れた超高級ホテルだが、その中のレストランで、ランチビュッフェが楽しめるのだ。




 予約時刻の11時半に訪れると、レストランでは、もうランチが始まっていた。

 ビュッフェ会場に特有の喧騒もなく、静かな、そして天井の高い空間が素晴らしい。

 ...さすがマンダリン・オリエンタルホテルだ、と感心した。

 ちょっと気後れするけれど、ランチを愉しむべく、突入してみようと思う。



続きはこちらです


nice!(135)  コメント(95) 
共通テーマ:グルメ・料理

宿願を果たす 【オホーツクで24時間 その1】 [旅行中  国内編]





    179.jpg




 ドタバタとその日暮らしを送っていたら、2日間、ポカリと予定がなくなった。

 そうなると、居ても立ってもいられない気分。

 ...どこかに行きたい...あはは、現実逃避でありますね。




 そこで、飛行機の空席を調べ、北海道・道東のオホーツク沿岸に行ってみることにした。

 ここ数年、毎年のように秋は北海道に旅行しているけれど、オホーツク沿岸にはご無沙汰なので。




 ところが、わたしの常用するANAでは、オホーツクまで飛ぶ飛行便は昼と夜の2便のみである。

 なにしろ2日間しか暇がないので、できれば昼の便で行って、翌日は夜の便で帰ってきたい。

 しかし、事はそう上手くは運ばないもので、夜の便は満席...やんぬるかな。




 結局、昼の便で行き、翌日の折り返し便で帰京することになった。

 秋の魅力たっぷりの北海道、それも道東でたったの24時間...やんぬるかな...である。




 9月の某日、11時過ぎの羽田空港には、女満別空港行の飛行機が待っていた。

 AIR DOの機体だけれど、ANAのコードシェア便でもある。

 羽田から1時間40分、飛行機は空路つつがなく、快晴の女満別空港に到着した。






    180.jpg



さて、たった24時間だ


nice!(101)  コメント(56) 
共通テーマ:旅行