So-net無料ブログ作成
検索選択

ミュンヘン散歩 【欧州道楽旅 その16】 [旅行中  海外編]


 
 
 
    408.jpg
 
 
 
 ウィーンから始まって6泊...わたしたちの旅も最終日である。
 
 この日、帰国する飛行機は午後9時半発なので、ミュンヘンでは丸々一日見物ができる。
 
 ...とはいっても、目当てのドイツ博物館は見てしまったし...今更郊外の観光地に行くのも億劫だし...
 
 ...という次第で、この日はミュンヘン市内の、それも中心部を彷徨うことにした。
 
 
 
 
 このホテルは3泊したので、朝ご飯も3回目...この日もハムチーズとパン...いつも同じながら、飽きない。
 
 
 
 
 それで、夫婦でゆっくりと食事をして、身支度を調え、荷造りをしてチェックアウト。
 
 駅まで2分、大荷物を押しながら中央駅に行き、コインロッカーに預けて身軽になった。
 
 中央駅は、昨日までとは違って、きびきびとした人々が行き交う。
 
 休みが終わっていつもの日常が戻ってきたのだろうか。
 
 大都市特有の、緊張感のある雰囲気は、わたしたちに、東京暮らしの日々を思い起こさせるのだった。
 
 
  

続きはこちらです


nice!(133)  コメント(93) 
共通テーマ:旅行

おしまいおしまい 【欧州道楽旅 その17】 [旅行中  海外編]


 
 
 
    424.jpg
 
 
 
 旅行の最終日、飛行機の出発が夜なので、ミュンヘンの街を彷徨っていた。
 
 先ず訪れたのが「レジデンツ」で、その規模と豪華さに圧倒され...
 
 ...ひと休みしてその昂奮を収めてから、新市庁舎前の広場まできた。
 
 
 
 
 ここは「マリエン広場」という名前で、ミュンヘン市街の中心である。
 
 市庁舎の建物は大変立派なもので、さすがにミュンヘン市の象徴であり、街の名物だ、と感心する。
 
 
 
 
 建物の塔には仕掛け時計があって、11時、正午と午後5時、からくり人形の踊りも愉しむことができる。
 
 市庁舎に向かう途中、鐘の音が聞こえ始め...時計を見ると12時少し前。
 
 そこで、わたしたちは足早に広場に向かったのだった。
 
 
 
 
 からくり人形の踊りはミュンヘン観光の目玉でもあり、広場は見物の観光客で大賑わい。
 
 わたしたちは、途中からその踊りを見ることができた...ずいぶん複雑な仕掛けで見応えがある。
 
 ...で、写真に撮ろうとするも、なにしろ広角レンズなので...うーむ。
 
 広場の端から、この目でしっかりと見て、そして満足した。
 
 
 
 
 
 
    425.jpg
 
 
 

続きはこちらです


nice!(126)  コメント(96) 
共通テーマ:旅行

日々徒然 [くらしの中で]


 
 
 
    438.jpg
 
 
 
 みなさんご無沙汰しました。
 
 
 
 
 3月末の8日間、夫婦してヨーロッパに旅行をし、その顛末を「欧州道楽旅」として記事にして...
 
 ...それが目出度くお終いになった、と思ったらあちこちから所用が出てきて...てんてこ舞いの日々。
 
 まるで待っていたかのよう...そういうことってあるのですねえ。
 
 
 
 
 で、そういう日々の中、以前からお付き合いのある皆さんと、わが家で呑み会をすることになった。
 
 ...小ブログでは、何回も登場してくださった皆さん...
 
 普段はレストランなどで会食をするのだが、年に一度ほど、わが家で呑み会を催す。
 
 その時は、皆さんが一品持ち寄るのがお約束になり、今回も、たくさんの料理が卓上に並んだのだった。
 
 前もって相談などしないのに、それぞれの持ち寄る料理が被らないのは、長年の付き合いゆえなのだろうか。
 
 
  

続きはこちらです


nice!(129)  コメント(108) 
共通テーマ:日記・雑感

緑に埋もれる [街あるき]


 
 
 
    444.jpg
 
 
 
 7月初旬のことになるのだが、友人のS君と街歩きをした。
 
 その頃は梅雨もひと休みで暑く、歩いていると相当にくたばってしまったのだった。
 
 このまま歩くのは厳しい...そこで、緑陰の中で涼もうよ、ということになったのである。
 
 
 
 
 どこに行こう...そうだ、小石川植物園なんかどうです、とS君が提案する。
 
 そうそう、あったねえ、植物園...あそこは広くて気持ちいいし、久し振りに行ってみたい。
 
 そこで、文京区内を回遊するタウンバスに乗り、小石川植物園を訪れたのだった。
 
 
 
 
 小石川植物園は東京大学の施設だそうで、公的な施設に相応しい落ち着いた雰囲気である。
 
 テーマパーク的な施設が多い中、こういった雰囲気は、かえって貴重に思える。 
 
 園内は緑に溢れ、そこかしこに点在する建物も年輪を感じさせる佇まいで、どっしりとした感じがよろしい。
 
 ...あ、ひょっとしたら、建て替えの費用が出ないからなのだろうか。
 
 
  

続きはこちらです


nice!(134)  コメント(97) 
共通テーマ:日記・雑感