So-net無料ブログ作成
検索選択

五井駅でひと休み [乗り物大好き]





    121.jpg




 先の連休の某日、わたしと友人のS君と、内房線に乗って千葉県市原市にやってきた。




 まずは八幡宿駅で降りて富士塚を見物し、そのあと電車で移動したのは隣の五井駅である。

 市原市には、市原駅がなく、八幡宿五井姉ヶ崎と市域に駅が続いている。

 中でも五井駅近くには市役所もあり、駅前もにぎやかで、市原市の主邑であるようだ。




 その五井駅の東側には「小湊鉄道」のホームがあり、隣には本社と車庫工場が置かれている。

 わたしが若かったころには、こうやってJR(当時は国鉄)の駅から出る私鉄が全国に多くあって、

 小ぶりな車両がホームで客待ちをしていたり、その独特の魅力は旅の愉しみだった。

 ...その後、そういった地域の小私鉄は次々に廃止となり、五井駅のような光景は希少である。




 線路を東西に横切る通路から、小湊鉄道の様子を写真に写し、そのあと本社の前まで行ってみた。

 すると、本社内でイベントがあるようで、案内の看板が玄関にかけられていたのだった。






    122.jpg







    123.jpg




 本社の玄関で、部屋にいた方にイベントの見学を申し出たら、会場を教えてくれた。

 本社の奥、講堂か食堂のような広い建物である。

 入ってみると、壁際に様々な展示が並び、係りのご婦人が丁寧に迎えてくださった。






    124.jpg





    125.jpg




 ここには、「小湊鉄道」が開業してから今までの資料と写真が展示されていた。

 鉄道事業の許可申請書や開業当時の運航ダイヤ表などの資料は倉庫から出してきたものか。

 他にも、鉄道雑誌に掲載された記事、イベントのCMポスターなど、鉄道好きの身には興味が尽きない。




 「小湊鉄道」は、1917(大正6)年に設立され、五井駅~上総中野駅39.1kmの鉄道路線を持つ。

 「小湊鉄道」の名前の由来は、外房小湊町(現鴨川市)までを目的としたから。

 沿線には養老渓谷などの名勝もあり、また里山を走る車両の景色が素晴らしい。

 現在は、鉄道のほか路線バスと傘下にタクシー会社を持ち、房総半島一円をカバーする交通会社である。




 会場では、その「小湊鉄道」の、主に鉄道部門の歴史と資料展示に加え、沿線ヴィデオの放映があったり、

 小湊鉄道グッズの販売があったりして、それもまた面白いのだった。






      ◇   ◇   ◇





    126.jpg




 展示会場を出たところは広場になっていて、いすや机が置かれ、休憩できるようになっていた。

 ちょうどいい機会...ここでひと休みしていくことにした。

 この日は八幡宿で山登りをし、この後も3基の富士塚に登らなければならない。




 ゆっくりしていたら、広場から車庫と工場が見えた。

 そこで、広場の端まで行き、車庫の様子を撮ってみる。






    127.jpg




 本来、鉄道の敷地は関係者以外立ち入り禁止で、車庫ももちろん部外者立ち入り禁止である。

 わたしもS君もいい歳のオヤジであるから、規則の順守はわきまえているわけです。

 ...若い頃のように、やりたい見たい、で暴走することはなくなった...おそらく。




 それで、規則通りに、立ち入り禁止の看板の後ろから車庫を撮ってみる...ちょっと遠いなあ。






    128.jpg




 そうはいっても、オヤジにも武器はある。




 S君が持参した望遠レンズを借りてカメラに装着し、眺めたら車庫の様子が大きく見えた。

 ライカ版換算何ミリになるのかは不明だけれど、結構いい案配である。

 鉄道好きにとっては、沿線を走る車両もいいけれど、こういう車庫の様子にも心ときめくのだ。

 機械が散在する車庫の様子が間近に眺められ、その様子をたくさん写真に撮って満足した。




 最後に、小湊鉄道ラスクの入った箱と一緒に写真を撮って、この日の記念としたのだった。






    129.jpg

nice!(72)  コメント(21) 

nice! 72

コメント 21

山子路爺

通路からの絵も立ち入り禁止の看板からの絵も素敵ですね。
線路の分岐が割に好きです。

by 山子路爺 (2017-05-19 12:18) 

めぎ

千葉県は私、ほとんど知らなくて、小湊鉄道も写真サイトでよく目にするけど場所が分かっていませんでした。
この車庫はよく被写体になっているところですよね~こんな遠くから立ち入り禁止だったんですね...
これからさらに富士塚登山、楽しみです♪
by めぎ (2017-05-19 15:40) 

Santa

レトロな感じがしちゃうなぁ。
喧噪感なくてホッとする(^_^)
日常があまりにも騒がしいですから(^^ゞ
by Santa (2017-05-19 16:20) 

北海道大好き人間

時代に取り残されたといっては失礼ですが、最新鋭の車両ばかりが並ぶ車両基地よりも、こういうところの方が落ち着きます。土地柄なかなか見られないと思いますが、これに雪でも降り積もれば最高ではないでしょうか。

極めて個人的なことを書きますと、この駅の近く(徒歩で行こうと思えば行けます)にある建設会社からの売上が当店歴代最高記録となっております。
ですから、その会社がある市原市の名前を耳にしたり袖ケ浦ナンバーの車を見ると、その当時のことが思い出されます。

by 北海道大好き人間 (2017-05-19 17:19) 

小肥り

なかなか渋い雰囲気ですね。小湊鉄道・・・これも渋い。
「港」じゃなくて「湊」。この字を使うことって今までありました?
神戸湊川神社、関西本線湊町駅、東京都中央区湊〇丁目・・・
こんなもんでしょう。
この車庫付近の佇まいもいいですよ。
線路ポイント切り替えの転轍機などさりげなく見えて。
ボク「五井」と聞いたとたん「行ったことがある」と思って
千葉県の地図を見たんですがどうも「土気」と勘違いしてたようです。
初めての地名でした。
by 小肥り (2017-05-19 17:52) 

アルマ

案内板とか今では見ないものも多いので見ごたえがありますね!
こういう鉄道博物館的なもの、行きたいんですがなかなか行けなくて・・・(;´Д`)
by アルマ (2017-05-19 18:14) 

Inatimy

行先票にあった地名の海士有木・・・あまありき、って読むんですね^^。
アマとつくから海のそばかと思いきや、違ったので不思議。
「オヤジの武器」すごい威力です♪ ラスクの箱も可愛く、残しておきたくなりますね。
by Inatimy (2017-05-19 18:59) 

kuwachan

広々とした車輌基地やトタンの車庫が懐かしい雰囲気ですね。
私が通常利用している私鉄にも近所の駅に引き込み線があったのですが
いつの間にかなくなり、ビルが建ち、お店になってしまいました。
by kuwachan (2017-05-19 20:27) 

hanamura

そろそろ、房総半島☆横断鉄旅!決行したいのですがぁ・・・。
イマイチのナニカが足りない。温泉招待券とか当選しないかなぁ?
行ってみたい!でも、私、日帰りしたくないの!(あはは!)
by hanamura (2017-05-19 22:21) 

みち

武器を使った一枚、素敵ですね。
以前行った時に撮りました。武器はないので小さく^^
by みち (2017-05-19 23:05) 

YAP

ああ、こういうのは鉄道マニアが喜んで飛びつくやつですね。
そうでなくても、眺めているだけで面白そうです。
by YAP (2017-05-20 06:54) 

けんぴぃまま

最後の写真、良いですね〜(^^)
こういう遠近の撮り方好きです!
by けんぴぃまま (2017-05-20 09:47) 

ちくわ

五井駅前も昔と随分様変わりしたけど、
小湊鉄道は相変わらずって感じでいいですね。
今は全く乗ることがなくなったけど、
高校生のころはたまに乗ってましたよ。
母校が小湊鉄道の沿線にあったもので。
これからもずっと頑張ってほしいですね。

by ちくわ (2017-05-20 11:34) 

テリー

小湊鐵道、そのうちに撮影に行きたいですね。
by テリー (2017-05-20 18:36) 

隊長

東京近郊なので、「○○ライナー」などと、社名を変更せずに、古めかしい「小湊鉄道」が逆に味があって良いですね。
by 隊長 (2017-05-20 21:33) 

engrid

武器の威力絶大ですね、、、
此処は、魅力的、飽きることなく眺めて、たのしんで
おぉ〜〜とか、、たのしいでしょうね
最後の記念写真、素敵に可愛らしい
お箱、お取り置きですね
by engrid (2017-05-21 22:50) 

aloha

なるほど!素晴らしい武器です(笑)
望遠レンズで、ここまで見えるんですね~。
車両を模したラスクの箱が可愛い♪
本物の車両と一緒の画に収めるというのがナイス・アイディアです。

by aloha (2017-05-21 23:57) 

ナツパパ

みなさまへ。
たくさんのniceとコメントありがとうございます。
当方、にわかの通風発症で立ち居振る舞いに支障が出たところに、
それをかばって歩いていたら、ギックリ腰です。
...エライコトになりました。
すいません、生きていくので精いっぱい...週末までコメント遅れます。
by ナツパパ (2017-05-23 09:12) 

竹口要

ナツパパさん、お加減いかがですか?
イベントが終わってお久しぶりに訪れて見ると・・・!!!
それはエライことです。
ゆっくりお休みください。どうかお大事になさってください。

そして記事のことですが、
様々な場面で大人になった(と見せかけた)ナツパパさんたちが
最後の最後、ラスクと一緒の記念撮影をなさっている対比が
おもしろくて笑ってしまいました。
ツマ。
by 竹口要 (2017-05-24 00:27) 

hanamura

お見舞い申し上げます。
ウチの母親も足の手術で入院中でして(配偶者様まかせ)
でも、元気に携帯で連絡くれて、一安心したところでした。
どうか、お大事になされてください。
by hanamura (2017-05-27 11:58) 

なかせ

素敵なイベントに出会えましたね♪
しかし、腰が大丈夫でしょうか?
お大事になさってください!
by なかせ (2017-05-27 20:50) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。