So-net無料ブログ作成
検索選択

烽火をあげる [乗り物大好き]


 
 
 
    29.jpg
 
 
 
 わが家を建てて24年、外回りは変わらないけれど、室内はずいぶん変わった。
 
 部屋の間取りなど、わたしの仕事や息子の成長に合わせ変えてきたのである。
 
 そのせいか、廊下の脇にクローゼット風の物入れがあったりする。
 
 ...元々は、部屋に作り付けのクローゼットだったもの。
 
 それが部屋から廊下の一部になり、クローゼットもまた、物入れに変身したのだった。
 
 
 
 
 先日、廊下を歩いていたとき、ふと、その物入れを見上げた。
 
 物入れは2段に分かれていて、天井近くの部分は最近開けて見たことがない。
 
 ...最近どころか、ここ10年開けたことも無いのではなかろうか。
 
 
 
 
 そこで、怖いもの見たさで開けてみたら、色々な物が詰まっているのだった。
 
 右側にはフィルムカメラ一式、そして左側には、懐かしや、LGBの模型が見えた。
 
 気になって、その模型を物入れから取り出してみる。
 
 円形になる線路一式と直線の線路、それから、トラムの車輌が出てきた。
 
 
 
 
 
 
    30.jpg
 
 
  

 
 
 
    31.jpg
 
 
 
 
    32.jpg
 
 
 
 トラムとは路面電車のことである。
 
 日本では13の都市に残っているものの、ずいぶん減ってしまった。
 
 理由はモータリゼーションで、街中の交通混雑では、トラムは邪魔者扱いになったのだ。
 
 
 
 
 ところが、ヨーロッパの各都市では、未だにトラムは元気で、街中を縦横に走っている。
 
 彼の地の交通政策が自動車とトラムの共存を許しているからか...羨ましい話である。
 
 家にあったLGBのトラムはヨーロッパ風で、20世紀初頭あたりのデザイン。
 
 なかなか素敵なスタイリングと思う。
 
 
 
 
 
 
    33.jpg
 
 
 
 模型が入っている箱には、車体に貼るシールが同梱されている。
 
 行き先の表示や都市の紋章など、ヨーロッパ、それもドイツの街のようだ。
 
 これらを貼れば、一層車体も映えることだろう。
 
 
 
 
 
 
    34.jpg
 
 
 
 模型が入った箱はずいぶん多くあって、開けていったら、トラムが3編成になった。
 
 黄色と青...そして、赤色のトラムは一層古いデザインである。
 
 見ると、LGB20周年記念の塗装になっていた...こんなの買ってたんだなあ。
 
 
 
 
 LGBはドイツの鉄道模型会社で、和訳すると「レーマンの大きな鉄道」となる。
 
 大きいといっても模型だから、実物の鉄道車輌よりはずいぶん小さい...
 
 ...が、他の鉄道模型よりは大きく、実物の1/22.5サイズで、レイルの幅は45mmもある。
 
 ※ちなみに、Nゲージという鉄道模型は、実物の1/150、レイル幅は9mm。
 
 LGBは、大きなぬいぐるみが動いているかのような面白さがあるのだ。
 
 
 
 
 この模型は、息子がまだ小さかった頃、一緒に遊ぶために買ったもの。
 
 ...いや、そういう理由を付けて、わたしの趣味で買ったもの。
 
 楕円の線路を走らせていると、まだ赤ちゃんだった息子が、キャッキャとよろこんで、
 
 嬉しそうに手を叩きつつ、近くまで這い寄ってきて見続けるのだった。 
 
 ...なつかしいなあ...
 
 野外でも使えるこの模型は頑丈で、わたしと息子のいい遊び相手なのだった。 
 
 
 
 
 
 
    35.jpg
 
 
 
 物入れの中には、さらに大きな箱があって、開けてみたら、鉄道模型が入っていた。
 
 写真上の一件も入っていて、これは、ドイツ製のエッガーバーンという会社のもの。
 
 線路幅が狭く簡易な「軽便鉄道」の模型を得意としていたが、惜しいことに今はもう無い。
 
 日本の鉄道模型では味わえない雰囲気が、わたしには好ましく感じられる。 
 
 こちらはLGBに比べるとずっと小さく、1/87サイズである。
 
 
 
 
 
      ◇   ◇   ◇
 
 
 
 
 
 
    36.jpg
 
 
 
 さて、せっかく「発掘」したLGBの模型、出来れば走らせてみたい。
 
 手持ちの線路を繋げると楕円形になるが、サイズが大きいのでタタミ2枚分くらい必要。
 
 走らせるには、椅子や机をどかして隙間を作らなければならない。
 
 
 
 
 それじゃあ面倒だなあ...ふと、以前買い求めた本を思い出した。 
 
 ミュンヘンにある「ドイツ博物館」の、ミュージアムショップを素見していたら見つけたもの。
 
 鉄道模型のジオラマ図案集である。
 
 
 
 
 
 
    37.jpg
 
 
 
 
    38.jpg
 
 
 
 その本にLGBのジオラマ図案がある...それもトラムの。
 
 写真上がそれなのだけれど、線路と、立体的な街の姿と、そこを走るトラムが魅力的に思える。
 
 車庫があったり貨物駅があったり、もちろん道路には停留所があったり。
 
 ドイツ語で書かれた解説を、辞書を片手に読んでいると、想像ないし妄想が広がるのだった。
 
 
 
 
 絵ではコンパクトに見えるが、なにせ大きな模型なので、ジオラマも3.5㍍×3.5㍍になる。
 
 こちらでいうと8畳間がその大きさになるだろうか。
 
 ...そういえば、昨年新春まで自室に使っていた部屋が8畳間だった。
 
 
 
 
 その8畳間は息子と交換して彼の部屋になったが、息子は3月末に家を出て独り立ちする。
 
 すると...8畳間は空くんじゃないか...そうか、そうだったんだ。
 
 それで、息子が引っ越した後の8畳間は、わたしが趣味で使う...と烽火をあげてみた。
 
 ...さて、鬼が出るか蛇が出るか。
 
 
 
 
 
 
    39.jpg 

nice!(82)  コメント(61) 

nice! 82

コメント 61

アルマ

こういうの見るともうワクワクしてしまいますね(^^♪
ウチにも20年は開けていない場所ありますけど、あるのは姉のひな人形・・・(^_^;)
by アルマ (2017-03-08 11:23) 

テリー

凄いですね。
なつかしいでしょうね。
私も、昔、子供ためと言いつつ、電車の模型を買って、遊び、それは、息子に貸しているマンションの物入れに置いてきました。

by テリー (2017-03-08 11:29) 

musselwhite

心躍ります。

模型好きな私で履くとも男子の心はウキウキになるでしょうね。

私の趣味のプラモは娘が全て破壊してしまい、何一つ残って居ません。
未組み立ての物が大きな段ボール箱に3個ありますが、いつ気が向いて作るのやら…

我が家は築27年…二世帯で建てましたが両親は他界して52坪の家に家族3人、広すぎて掃除が大変なのに加え光熱費で生活苦に喘いで居ます(笑)
売ってマンション暮らしでもと考えるこの頃です。
by musselwhite (2017-03-08 12:08) 

kuwachan

私もほとんど開けない天袋に色々なものが詰まっていそうです(笑)
最初の黄色のトラムはポルトガルのリスボンだったかな?で見たトラムに似ています。
ヨーロッパではトラムはなくなるどころか新設されているところも結構ありますよ。
トラムは乗り降りしやすいので日本も復活してもらいたいですね。
by kuwachan (2017-03-08 12:35) 

小肥り

思いもしないモノが出てくるって楽しいですよね。
写真を見てちょっと不思議なのは・・・エッガーバーン社の電車は
一輛に見えるけど、運転席だけ独立してますよね。車体が折れ曲がってます。
我が従弟は自宅の天井裏にジオラマを作ってます。Oゲージというのかな。
線路幅が3センチほどの模型。
町並みや山、畑など、まだ手つかずの背景が多く、苦戦してますよ。
by 小肥り (2017-03-08 12:48) 

けんぴぃまま

ナツパパさん
久しぶりにコメント書き込みます(^^)
息子さんのお部屋を趣味のお部屋に〜ナイスアイデア!だって、何もないお部屋だったら淋しいと思いますよ。
都内の戸建ての趣味の部屋‥羨ましい限りです(^^;)
by けんぴぃまま (2017-03-08 13:08) 

めぎ

うっわーいいな~!
模型もいいですが、ジオラマ図案集もいいな~♪
作り出したら、仕事も食事も生活も忘れてしまいそうですね。
ウーン、その危険を察知して、そのお部屋、奥様がいち早く音楽室にしてしまったりして♪
by めぎ (2017-03-08 17:15) 

Santa

大人が遊べるトラムですね。
なんか楽しそう。
嬉しい顔が目に浮かびます。
by Santa (2017-03-08 17:26) 

engrid

ワクワクしますね
いいないいなと、うらやましいな
8畳間で、楽しいでしょうね、、ジオラマもいいですよね
夢限りなく、、見せてくださいね!
by engrid (2017-03-08 17:49) 

北海道大好き人間

先日、一週間かけて屋根裏部屋の大掃除をしました。
足の踏み入れ場がない程に散らかっていた物置を入口から順番に片付け、70リットル入りのゴミ袋にして4袋が一杯になるほどのゴミを処分しましたが、まだ古着が残っています。
きれいに片付けたら、柱が邪魔になりますが、ジオラマなんてお手の物になるくらいの広さがあります。

その一方で、今の自宅を増改築する際に思い出の品を結構処分されてしまったこともあります。
私のブログのメインでもある北海道旅行に関する品々は、それぞれの旅行毎に収納を分けた上で、処分されない様に揃った箱に詰めてあります。
その様子も記事にできればと思います。
いずれにしましても、「断捨離」って難しいですね。

by 北海道大好き人間 (2017-03-08 20:18) 

TaekoLovesParis

LGBのトラム、いいなぁ。温かみがありますね。
そういえば、私もメルクリンを走らせて楽しんでいたことがありました。
小さな機関車なのに何両も引いて走るんですよね。いろいろな車輛がかわいいので、リビングに飾っています。

by TaekoLovesParis (2017-03-08 20:30) 

hanamura

我が家の場合、ワシは17年間単身赴任での来年退職で、帰省再就職予定! 配偶者様は安定勤務中! 長女は東京に出ています。 次女が自宅から通っていた、大学に近い会社に就職して、今も自宅から通勤・・・来年退職後の、ワシの居場所すら確保できない状態です。まぁ、私はプラレールを持参して、ドコでも遊ぶんだぁ~。知らない子供を、公園で鉄道世界に、誘惑して楽しむ老後・・・。実の孫とか、期待はしません。
by hanamura (2017-03-08 21:00) 

うんちく

ご無沙汰のうんちくでつ。
鉄道模型趣味は金と場所がかかるので赤貧の身の上では許され無い趣味でしてね、それが変じて「乗りテツ」になったんだろうと思います。
 お蔭さまで仕事や遊びで北は網走から南は沖縄のゆいレールに東南アジア各国にインドに果てはバックパッカーでヨーロッパ鉄道の旅・・・・

マニアックなつぱぱさん
>ドイツ製のエッガーバーン
全く存じ無い社名ですが、実は私がご幼少の頃(爆)おじいちゃんはそれなりの素封家でして幼稚園だった頃にドイツ(西)のメルクリン社製のOゲージの鉄道模型セットを買ってくれました。
 今スタンダードのNゲージと比べるとやたらデカいし高いから??流石にレイアウト付では買って貰えずそれでも茶色の機関車と緑色の貨物車と赤い客車にストレートのレールが3本??位は有ったと思います。
 あれ何処に行ったのかなぁ??今有ればね・・・・ヤフオクで売り飛ばして大儲け??みたいな??全部貧乏が悪いのでワタシ悪く無いですから。

 所で呑み会のご案内を差し上げたいのですが??なつぱぱさん最新メルアド不明にてワタシの117ヤフーメアドに空メールでもお送りくださいませ。
 今回は恵比寿でゲスおやぢ(なつぱぱさん以外)全員集合で出来立てにゃまビール昼呑み倒しのドイツ料理食いまくり特集ですからね。
by うんちく (2017-03-08 21:57) 

みち

ナツパパさんの物入れは宝箱ですね!
ドイツのおもちゃは精工に出来ていて面白いですよね。
我が家はトーマスのプラレールでした。
それでも部屋中に広げてましたっけ。
是非お部屋を独占して走らせて下さい!!
息子さん、とうとう独立されるのですね^^
by みち (2017-03-08 22:46) 

向日葵

凄い!!
宝箱を探し当てた少年のようですねぇ~ぇ!!

ワタクシも約10年前の引っ越しの時、それはまあいろいろと。。
by 向日葵 (2017-03-09 04:16) 

じゅんぺい

こんなお宝を忘れていたなんて!
ひと部屋まるごとジオラマなんて贅沢ですね!
ミニチュア好きの私にはたまらないです(*´`)
奥さま、許してあげてください~(-人-)

ところで、息子さんはいよいよ...いや、とうとうひとり立ちですか!
さみしいですね(∩´﹏`∩)
by じゅんぺい (2017-03-09 06:35) 

YAP

ドイツ風のトラムだなと思って読んでいくと、やっぱりそうだったんですね。
ステッカーとかもドイツ風ですが、なぜかマルティニが混じってますね。
by YAP (2017-03-09 06:40) 

Inatimy

これは素敵♪ カッコイイ^^。
物入れに仕舞ったままにしておくのは、もったいないです。
ぜひとも8畳部屋の主となって、ジオラマ作成に取り掛かっていただきたいなぁ。
ふふ、そして、足りないもの、必要なものをドイツまで調達する旅に出かけるのも
楽しいかもしれませんね^^。
by Inatimy (2017-03-09 07:36) 

ナツパパ

アルマさん。
そうなんですよ、わたしもワクワクなのでした。
で、さっそく取り出してみたら、予想外に多くの模型が入っていて...
あはは...我がことなのに忘れちゃってるものなんですねえ。
で、今はまた、元の物入れに「仮置き」してあります。
今度は放置しないよう気を付けなくちゃ(笑)
by ナツパパ (2017-03-09 08:42) 

ナツパパ

テリーさん。
はい。
赤い箱を見た瞬間、なんともいえないような懐かしさを感じました。
LGBで遊んだのは、息子が小学校にはいるくらいまででした。
その後、彼は野球にのめり込んでしまい、相変わらず鉄道は好きでしたが、
模型よりは乗っている方に好みが移ってしまったのでした。
それで「とりあえず」この物入れに仕舞った...のに、それから10年以上ですものねえ。
これもなにかのご縁、と思い、これからせいぜい遊んでみようと思います。
by ナツパパ (2017-03-09 08:46) 

ナツパパ

musselwhiteさん。
この赤い箱を見つけたとき、そして取り出した後、それから箱から出して線路に置いたとき、
わたし、もうワクワクのし通しなのでした。
15年近く動かさなかったのですが、通電させたら見事に動きましたです。
嬉しかったですねえ。

musselwhiteさんが飛行機のモデルをお好きなのは、年に一回、SLBという、
プラモデル展示会に行ったときの記事にいただくコメントで存じ上げておりました。
プラモデルは場所をとる、というのは、SLBの会員の皆さん異口同音に仰有います。
musselwhiteさんのお宅も例外ではありませんでしたか。
...それにしても、残念でしたね。
by ナツパパ (2017-03-09 08:52) 

ナツパパ

小肥りさん。
ご指摘の、エッガーバーンの模型は、蒸気動車と呼ばれる物の模型です。
先頭部分にはコンパクトな蒸気機関が入っていて、この車体を動かします。
閑散路線など、乗客の少ない区間に客車とSLを繋げて運用する手間を省いたもののようです。
先頭部分が動くのは、すべての蒸気動車がそうであるわけではなく、
このモデルのためにそう設計されたのだと思います。
エッガーバーンの模型を走らせる線路は急なカーブで、それに対応するためでしょう。
こんな短い客車なのに2等と3等に分かれているのが、いかにもヨーロッパのモデルと感じます。
by ナツパパ (2017-03-09 08:57) 

ナツパパ

けんぴぃままさん。
おひさしぶりです。
息子が独立したいと言い出したのは今年の正月で、わたしたち夫婦はビックリ!
聞いてみると、就職して一年目は大変だから実家で暮らし、二年目からは一人で暮らす、
と大学生の頃から決めていたのですとか。
そこまで考えての独立なら...とこちらも応援して送り出すことになりました。
新しく住むところは、会社から駅2つ、その気になれば歩いていける場所です。
終電帰宅が日常の、夜の遅い仕事なので彼のためにも良かったと思います。
ただ、カミさんにスイッチが入ってしまいました。
引っ越しの準備を仕切る仕切る(笑)
by ナツパパ (2017-03-09 09:03) 

ナツパパ

kuwachanさん。
すみません、お返事の順序が変わってしまいましたm(_ _)m
仰有るとおり、黄色のトラム車輌は、ポルトガル・リスボンのトラムをイメージして
作られたものと思います。
リスボンの街中を縦横に走るとトラムはじつに魅力的ですね。
車輌も小さく可愛くて、リスボンの街並みに合っているように感じます。
青い方は、スイスのチューリヒかドイツのミュンヘンか...チューリヒかな。
青と白が爽やかで、写真に撮っていて、良いなあ、なんて思ってしまいました。
by ナツパパ (2017-03-09 09:09) 

ナツパパ

めぎさん。
図案集、良いでしょう。
ドイツ博物館の書籍コーナーで本を眺めていて出会いました。
このLGBの図案を見た瞬間、胸に抱えていましたっけ(笑)
今から16年前のことです。
その時の旅行では、ミュンヘンで本を買いすぎてしまい、危うく重量オーバーになりかけ、
紙袋2つ、さも軽いものが入っているかのように手に提げて機内に入りました。
欧州から出るとき、イミグレで呆れられた思い出があります。
...危ない本はなかったので(笑)、没収されることはないと思っていましたが、
係官が顔を顰めたときには汗が出ました。
by ナツパパ (2017-03-09 09:13) 

ナツパパ

Santaさん。
そうですね、仰有るとおり、これは大人向けの模型だと思います。
玩具っぽい外観ですが、中身はかなりのスペックなんですよ。
まず野外でも使えるほどのタフさ、モーターの滑らかさ、それから、
パンタグラフから実際に架線集電できること、等々。
値段も相応に高いのですが、大きな模型が走るところなどは、
見ていて本当に面白いです。
by ナツパパ (2017-03-09 09:16) 

ナツパパ

engridさん。
日本の鉄道模型は、実物の車輌をとことん再現します。
一方、このLGBの模型は、ご覧いただいてもお分かりのように、
模型的にデフォルメないし簡略化してデザインしています。
玩具的な外観ではありますが、さりとて子ども向けというものでもなく、
その絶妙なデザインが好みです。
エッガーバーンの模型もまた、同じような思想でデザインされています。
わたしはそういう傾向の模型が好きなのかもしれません。
実物をリアルに再現する模型は、取り扱いも難しく、なんだか肩が凝っちゃって(笑)
...あ、それは、もちろんわたし個人的な好みであり感想なのですがね。
by ナツパパ (2017-03-09 09:21) 

ナツパパ

北海道大好き人間さん。
ものが溢れた部屋を片付けるのは快感、と思います。
昨年の年初、断捨離を観光した際、わたしそう思いました。
ただ、北海道大好き人間さんも仰有るように、作業を急ぐあまり、
大切なものまで一緒に処分してしまうんですよね。
...そっと打ち明けるなら、わたしもその断捨離でやってしまいました。
大切な本や記念のもの、そして写真のネガまで...
たしかに断捨離は時間を掛けて慎重にする必要がありそうです。
by ナツパパ (2017-03-09 09:25) 

ナツパパ

はじドラさん。
caverunaさん。
ありささん。
tochiさん。
banpeiyuさん。

nice、ありがとうございます。
by ナツパパ (2017-03-09 09:27) 

ナツパパ

sugoimonoさん。
メルシオさん。
nandenkandenさん。
コミックンさん。
ソニックマイヅルさん。

nice、ありがとうございます。
by ナツパパ (2017-03-09 09:28) 

ナツパパ

濱の寅次郎さん。
AKIさん。
kenさん。
ともちさん。
sterling.hide.jさん。

nice、ありがとうございます。
by ナツパパ (2017-03-09 09:29) 

ナツパパ

月夜のうずのしゅげさん。
ma2ma2さん。
kiyoさん。
MItchさん。
harryさん。

nice、ありがとうございます。
by ナツパパ (2017-03-09 09:30) 

aloha

トラム、可愛いですねぇ。
保存状態も良いので、売ろうと思えば高値がつきそう...(笑)
こういったものが出てくるとタイムカプセルみたいで嬉しいですね!
ナツパパさんのことだから、売ろうなんて思わずに、
この先も大事にしまっておくのでしょうね(^^)
by aloha (2017-03-09 15:39) 

北海道大好き人間

話が鉄道模型からそれてしまいそうですが、もう少しお付き合い願います。

>そして写真のネガまで...
大分昔に雑誌で見ましたが、「整理整頓(当時はまだ『断捨離』という言葉はありませんでした)をするにあたり、『写真(ネガ)』と『手紙(特に今は亡き人からもらった肉筆の物)』と『その人の成績表(通信簿)&卒業アルバム・文集』は、【二度と戻ってこない物】なので最大限残すべき」的なことが書かれていました。
ネガは、古いタイプの物でも焼き増しができるみたいですし、実際、ウチにも50年以上前に行われた両親の結婚式のネガがあります。また、写真も、両親が知り合う前の物がかなり残されています。

手紙は、私の場合、小3の時の年賀状から一通り残していますが、通知表は、高校の時の物がファイルに綴じ込んであった定期テスト&模擬テストの問題用紙&答案用紙&解説と共に、前述の増改築の際に処分されてしまいました。

そういう苦い経験がありますので、これとは趣旨が若干違いますが、旅行やツーリング(殆どが北海道方面)でもらったパンフレット類や、それにかかった費用の領収書やレシートも、コピーした上で原本と共に1冊にまとめています。
特にレシートの場合、最近は感熱記録方式の物が多く、時間が経つと印字が消えてしまいますし、複写式の物でも、脂分で消えてしまうことがありますので、旅行やツーリングから帰ってきたら、早めにコピーを取っておく様にしています。

収納する箱については、例えばミカン箱みたいに大きさ・形状が揃った物に詰めた方が収まりがいいかと思います。
ウチでは、商売柄、そういう揃った箱が数種類手に入りますので、必要に応じて底を切り開いて(剥がして)嵩張らない様にしてストックしてあります。
必要なければ資源ゴミ回収に出せばそれで済みます。

by 北海道大好き人間 (2017-03-09 15:46) 

北海道大好き人間

追記です。
「断捨離」は、この本を書いた著者の登録商標だそうです。
この語句で検索すればトップに出てきます。

by 北海道大好き人間 (2017-03-09 18:33) 

あおたけ

開かずのクローゼット、
恐いもの見たさで開けてみたら、
それはなんとも素晴らしい宝箱でしたね〜(^^)
小さな頃の息子さんとのエピソードもステキです。
こんな鉄道模型で遊んだ息子さん、
鉄ちゃんには目覚めなかったのかな?(笑)
by あおたけ (2017-03-09 18:58) 

ナツパパ

TaekoLovesParisさん。
あ、TaekoLovesParisさん、メルクリンの模型をお持ちなのでしたか。
わたしも好きです。
ずっとずっと以前、メルクリンからバイエルン国王の御料車セットが出されましてね、
わたしそれが欲しくて欲しくて、銀座の天賞堂に行って、ください、なんていいました。
そうしたら、まず機関車、この時代ですからSLですね、それが発売。
そのあと御料車数台が順次発売...一つひとつがべらぼうな値段で(大汗)
それを、意地で買い続け、ついにセットを揃えたのでした。
それが、どこかに行方不明で...そんな大きな家じゃないのになあ...
納戸を探せばあると思うので、発掘作業をしてみようと思っているところです。
by ナツパパ (2017-03-10 08:28) 

ナツパパ

hanamuraさん。
うーむ...なんと申し上げて良いものやら...
単身赴任が17年はすごいですねえ...理由があってのことでしょうけれど...
わたしは自営業なので、そして父もそうでしたので、引っ越しの経験が3回しかありません。
どれも結婚して、夫婦での引っ越しだけ、息子が生まれてからは24年間同じ家です。
hanamuraさんは、来年からは、ご実家でずっと暮らされるのでしょう
...なによりのことと思います。
静岡からのhanamuraさん発信の記事が楽しみです。
いろいろディープなことを拝見できるのだろうなあ...ワクワク。
by ナツパパ (2017-03-10 08:34) 

ナツパパ

うんちくさん。
今回発掘した鉄道模型は、いずれも1990年代初めに買い求めたものです。
いやぁ、バブリーにやってたんですねえ、この頃は。
今では、これほどの買い物なんて想像も出来ませんし、買おうという気もないでしょう。
長年望んでいた子供が生まれて気分がハイになったものかしら。
せっかくの模型ですので、老後の愉しみに活用していきたいなあ、と思います。

メルクリンのOゲージは貴重と聞きますよ。
うんちくさんは、じつは大変な名家のお生まれですので、コメントで仰有るお話は、
5割差し引いてちょうど良いくらいでは?...などと推察しております(笑)

お誘いいただいた呑み会は伺えず、すみません。
明日の土曜日は、ちょうど3.11から6年目、地域の防災行事の手伝いで大忙しです。
町会の役員は一度入ったら抜けられません...Oコ部屋みたいなもんです。
by ナツパパ (2017-03-10 08:42) 

ナツパパ

みちさん。
プラレールは、わが家でも大活躍でした。
さほど広くはない居間いっぱいにレールが敷かれ...あ、敷いたのはわたしと息子ですが、
それで足の踏み場もないほどでしたっけ。
懐かしい思い出です。
その息子も、3月末までには家を出て一人暮らしです。
母親はさっぱりしたもので、一度は一人暮らしも必要よ、なんていいます。
一方の、父親は、わたしですね、なんかおろおろしちゃって、どうも意気地がありません。
甘い父親だったからかなあ...まあ、彼のことだから大丈夫でしょう。
by ナツパパ (2017-03-10 08:46) 

ナツパパ

向日葵さん。
わが家は2所帯住宅で、家全体としては広いのですが、2つに分かれてますから、
一世帯部分はさほどのものでもなく、100㎡に満たないのじゃないかしら。
それなのに、こうやって10年以上開かずのところがあったなんてビックリです。
出てきたものは模型だけじゃなく、食器だったり書類もあったりで、
なんだかタイムカプセルみたいだね、なんて思いましたっけ。
見つからなかったいくつかが新たに見つかってなんだか嬉しい気分です。
by ナツパパ (2017-03-10 08:52) 

ナツパパ

じゅんぺいさん。
息子が独立したい、といいだしたのは去年の暮れでした。
大学の友人が東京で一人暮らしをしていましたので、その彼のアパートに行って、
一人暮らしの自由さとか開放感を感じたのだと思います。
就職して一年目は実家で暮らし、会社に慣れるであろう2年目から一人暮らし...
そういう風に計画をしていたようで、去年遅れにはアパートも見つけていました。
そこまでしっかりと考えていたのならば...と、今では夫婦で応援しています。

ただ、カミさんにスイッチが入ってしまい、引っ越しは任せなさい、と鼻息荒いです。
息子は自分で全部やってみたいと願っているようですが...無理です(笑)
こうなったらもう誰も止められないぜ、と息子に言ったら、頷いてました。
年明けに、お母さんが引っ越し手伝ってあげようか?とさりげなく言うのに、
ああ頼むわ、と安易に答えた息子の不注意が原因です。
...いい気味です(笑)
by ナツパパ (2017-03-10 08:59) 

ナツパパ

YAPさん。
ホントだ、マルティニが入ってますねえ。
そういう広告が、あちこちのトラムに書いてあったのでしょうか。
このトラムの模型は、赤い車体も含め、基本同じ金型から生まれているものですが、
細部の、たとえば塗装によっても、ずいぶん雰囲気が変わるものだなあ、と思います。
こういうデザインの車輌は、実際ヨーロッパの各都市で活躍していたのでしょう。
ノンビリとした姿は見ていて和みますし、動いているところもまた良いものです。
せっかく3編成もあるのですから、なんとか常設のジオラマを作ってみたいと思っています。
by ナツパパ (2017-03-10 09:05) 

ナツパパ

Inatimyさん。
そうです、この模型は納戸にしまっておくのはもったいなさ過ぎます。
ここはなんとしても、常設のジオラマを作って愉しみたい、と思います。
ただ、それまでには2つの難関がありまして、一つはカミさんの同意。
もう一つはわたし自身の不器用さ、であります(笑)
そこをなんとか克服しつつ...老後の愉しみにならないものか、と妄想中です(笑)
ジオラマ作成が始まったら、ブログでご報告が出来るやもしれません。
それはそれで、わたし自身の楽しみになりますねえ。
by ナツパパ (2017-03-10 09:08) 

ナツパパ

alohaさん。
はい。
こればかりはわたし自身で愉しみたい、と思います。
息子が独立して8畳間が空きますし、彼の荷物は多少部屋に残りますが、
広い空間が生まれるはずです。
先ずはそこにレールを敷き、走らせて愉しみたいです。
鉄道模型は、見ているよりも、動かした方がずっと面白いので。
...あとは、カミさんを如何にして巻き込むか...そこです!(笑)
by ナツパパ (2017-03-10 09:12) 

ナツパパ

北海道大好き人間さん。
重ねてのコメント、ありがとうございます。
たしかに箱を一つ、年代とか種類に分けて準備するのは良い方法に思えます。
そこに、該当の書類他をどんどん入れていくだけ、というのも良いですね。
わたしも、知り合いのお茶さんから茶箱を譲り受けて試してみましょう。
さいわい、納戸には茶箱数箱をを入れるスペースがあります。
コピー他の保存方法もも参考になりました。
ありがとうございます。
by ナツパパ (2017-03-10 09:16) 

ナツパパ

あおたけさん。
息子が生まれたとき、一緒に鉄道に乗ったり、あるいは写真を撮りに行ったり出来たらいいな、
と夢想しましてね、そこで、鉄道好きになってもらおうと、英才教育を施しました(笑)
このLGBも、その深慮遠謀の一環であります(笑)
目論見通り、彼は鉄道が好きになり、500系新幹線が東京に初めてやってくる、
なんて言うニュースに目の色を変えるようになり、一緒に初日名古屋まで乗ったのでした。
小学校に入って、地域の少年野球団に入ったのは想定外で、そこから想定外の連続(笑)
鉄道好きは続いているのですけれど、鉄道ファン、とまでは行かず...
一緒に写真撮りに行きたかったなあ...と、そこは残念です。
今日彼は新幹線で出張だそうで、新幹線から風景を眺めるのは愉しい、なんて言いました。
鉄道好きはたしかなようです...教育の成果は多少実りました。
by ナツパパ (2017-03-10 09:22) 

ナツパパ

ハマコウさん。
me-coさん。
しのぴんさん。
@ミックさん。
あるいるさん。

nice、ありがとうございます。
by ナツパパ (2017-03-10 09:24) 

ナツパパ

チャレンジャーさん。
kazushiさん。
ヨタ8さん。
鉄腕原子さん。
やってみよう♪さん。

nice、ありがとうございます。
by ナツパパ (2017-03-10 09:26) 

ナツパパ

MORIHANAさん。
トモともさん。
今造ROWINGTEAMさん。
ネオ・アッキーさん。
song4uさん。

nice、ありがとうございます。
by ナツパパ (2017-03-10 09:27) 

竹口要

すごい、これは宝箱でしたね!!!
昔遊んでいたものって今になると更に更にわくわくが増す気がします!
それにやっぱり素敵なものは年月を経ても全く色褪せませんね。
息子さん、独立なさるんですねー・・・
何だかさみしいような・・・
でもきっと若者は希望に満ち溢れてらっしゃるんでしょうね♪
ツマ。
by 竹口要 (2017-03-10 23:07) 

Cedar

オソコメ、失礼します。こりゃスゴイです。
でもいきなり地面だの家だのってのはシンドイですから、まずは床に線路敷いて走らせて楽しんでください。LGBは走りっぷりが魅力ですから。
お庭やベランダで走らせるのも楽しい。
by Cedar (2017-03-11 17:54) 

隊長

我が家にも20年近く開けていないダンボール箱が数箱あり、何が入っているのかわからなくなってしまいました。
玉手箱か、はたまたパンドラの箱か。怖くて開けられません。
by 隊長 (2017-03-13 22:22) 

ナツパパ

お返事、大変遅くなりましたm(_ _)m
やっとPCが手元に戻ってきました。
やれやれです。

ふと開けた扉から別の世界が...というのはファンタジー小説の話みたいですが、
何しろ主人公がわたしですので、我ながらがっかりです(笑)
せっかくの掘り出し物ですので、これから愉しもうと思います。
息子は、でも、週に一回くらい家に帰ってくるんです。
洗濯機をまだ買えてない...なんて言っちゃって...ヘンです(笑)
by ナツパパ (2017-03-18 08:53) 

ナツパパ

Cedarさん。
ねっ、なんかすごいでしょう。
わたし自身、こういうものを買ってたんだなあ、ってすっかり忘れちゃってました。
LGBの模型は大きいのがいいですね。
それがゆっくりと動く様はとても魅力があります。
息子の部屋の床に、楕円の線路敷いちゃいましたです。
by ナツパパ (2017-03-18 08:55) 

ナツパパ

隊長さん。
おおお...それはすごい!!
あけるのも勇気がいりそうですよ。
わたしだったらどうするだろうなあ...やっぱりそのままにしてしまうかもしれません。
あけたら札束が...という展開は、わが家に限ってはなさそうですし(笑)
by ナツパパ (2017-03-18 09:01) 

ナツパパ

いっぷくさん。
ryo1216さん。
hide-mさん。
ぼんぼちぼちぼちさん。
gopさん。

nice.ありがとうございます。
by ナツパパ (2017-03-18 09:03) 

ナツパパ

burubonさん。
てんてんさん。
enosanさん。
schnitzerさん。
れもんさん。

nice、ありがとうございます。
by ナツパパ (2017-03-18 09:05) 

ナツパパ

wattanaさん。
arail206さん。
フジトモさん。
furuさん。
doudesyoさん。

nice、ありがとうございます。
by ナツパパ (2017-03-18 09:07) 

ナツパパ

ねじまき鳥さん。
ちょんまげ侍金四郎さん。
nachicさん。
himaさん。

nice、ありがとうございます。
by ナツパパ (2017-03-18 09:08) 

ナツパパ

gillmanさん。
山子路爺さん。

nice、ありがとうございます。
by ナツパパ (2017-03-22 11:02) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。