So-net無料ブログ作成

白髭富士を見る [山に登ろう]


 
 
 
    532.jpg
 
 
 
 「白髭富士」は、隅田川にかかる白髭橋の西詰、「石浜神社」境内にある。
 
 「石浜神社」は、724(神亀元)年、聖武天皇の勅願によって遷座された神社だそうだ。
 
 すなわち創建1300年を迎えようかという古社で、鎌倉将軍家を始め、関東の武家から篤い信仰があった。
 
 その後、江戸期には地域の氏神となり、明治以降は郷社。
 
 
 
 
 1988(昭和63)年、隅田川の改修工事完了により現在地に遷座している。
 
 境内は広く、入口の鳥居から本殿まで長い参道が続いて、また本殿が新しいのはそのためか。 
 
 さて、先ずは本殿にお参りをしよう。
 
 
 
 
 
 
    531.jpg
 
 
  

 
 
 
    533.jpg
 
 
 
 本殿に向かって右に、目指す「白髭富士」 があった。
 
 招来稲荷神社、白狐祠と並んで置かれており、写真上では、一番右の小山が富士塚である。
 
 頂上に置かれた石碑が特徴的で、なにがなし、宇宙人の顔のようにも見えるぞ。
 
 
 
 
 
 
    536.jpg
 
 
 
 近寄ってみた「白髭富士」。
 
 高さ3~4㍍、奥行きは無いものの、全体が朴石で覆われ、堂々とした姿である。
 
 
 
 
 鳥居の奥、富士塚の前に立つ石柱には「富士山遙拝所」の文字が刻まれていた。
 
 この石柱は1668(寛文8)年に作られたもののようで、この石柱から、ここに富士信仰の拠点があり、
 
 また、それゆえ寛文年間には神社境内に富士塚があったのでは、と推測する説もある。
 
 すると、その白髭富士は、富士塚としては最古のものとなる筈で、真偽不明ながら興味深いことである。
 
 
 
 
 
 
    537.jpg
 
 
 
 
    538.jpg
 
 
 
 
    539.jpg
 
 
 
 富士塚はゴミ一つ見あたらず、清掃が行き届いてきちんと管理されており、気持ちが良い。
 
 近寄ってみると、富士塚には富士講や御嶽信仰の石碑が置かれ、いずれも注連縄が掛けられている。 
 
 これらの石碑は、江戸期からここにあったものだそうだ。 
 
 
 
 
 そして、鳥居を潜って富士塚正面の両脇に、三猿を彫り込んだ石碑が一対。
 
 猿は浅間神社の使いということもあり、富士塚には猿の石像や石碑が多く見られる。
 
 ここでも、あたかも狛犬のように、三猿の石碑が置かれていた。
 
 
 
 
 さらに、特徴的な頂上の石碑は、古人の歌を彫ったもの。
 
 富士塚頂上には、浅間大神の石碑や浅間神社奥宮の石祠が一般的だが、なにか謂われがあるのだろうか。
 
 
 
 
 ところで、この「白髭富士」は2代目である。
 
 1988(昭和63)年、隅田川スーパー堤防工事の完成で「石浜神社」がこの地に移った際、新造されたもの。
 
 まだ新しい富士塚だが、こういう形で地域の富士塚が再び作られるのは嬉しいことだ。
 
 
 
 
 
 
 
     540.jpg
 
 
 
 「石浜神社」本殿両脇には狛犬が置かれていた。
 
 いずれも古いもので、おそらく移転以前からこの神社のあったものだろう。
 
 眼光鋭い眼差しは迫力がある。
 
 身体を覆う彫りも深く、素晴らしい狛犬だった。 

nice!(120)  コメント(69) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 120

コメント 69

ソニックマイヅル

おはようございます。狛犬がかわいい感じ、忍者ハットリくんの獅子丸みたいな感じですね。^^;
by ソニックマイヅル (2016-12-03 08:59) 

hanamura

一枚目、昔の絵葉書かと思いました。
移転した神社が、変わらず大事にされているのは、いいですね。
by hanamura (2016-12-03 13:06) 

YAP

けっこう大きく迫力を感じる富士塚ですね。
地域に大切にされているんでしょうね。
by YAP (2016-12-03 15:49) 

めぎ

ここの富士塚は険しい感じがしますね~
見ざる・・・のおさるさんたちは、ずいぶん年季が入っているようですね。
狛犬さんたちは頭がちょっと潰れた感じで、どれも非常に興味深いですね。
注連縄が新しく綺麗そうなのが、非常に聖域という雰囲気を出してますね。
by めぎ (2016-12-03 18:26) 

ken

三猿の石碑、可愛い感じですね。
三猿の教えに時々納得することがあります・・・(^O^)
by ken (2016-12-03 18:36) 

北海道大好き人間

現在地に遷座したのは「つい最近」な上に、昔と違ってここからならば日帰りか1泊程度で自由に富士山へ行ける時代になったにもかかわらず富士塚を再現するということは、今でもこの地域に富士講の流れが残されているのでしょうか?

by 北海道大好き人間 (2016-12-03 21:37) 

アルマ

確かに浅間神社が祀られているイメージですが、歌碑ですか・・・
どういう謂れか気になりますね。
by アルマ (2016-12-03 22:51) 

ナツパパ

ソニックマイヅルさん。
あ、獅子丸...わたしも好きなキャラクターです。
動きとか仕草とかが似てそう!
しかし、ハットリ君をご存じでお好きとは...
オリジナルが登場したときは、わたしたしか中学生くらいで、
マンガ雑誌で見ていた覚えがあります。
彼らも、長く続くキャラクターになりましたね。
by ナツパパ (2016-12-04 08:58) 

ナツパパ

hanamuraさん。
ほんとそうですよね。
地域の鎮守として大切な存在なのだと思います。
神社の後ろには、御輿の倉庫とか、神社の霊園がありました。
神社所属の霊園って初めて出会ったように思います。
そういうものがあるということは、昔から地域と関係の深い神社なのでしょうね。
by ナツパパ (2016-12-04 09:00) 

ナツパパ

YAPさん。
この富士塚は、全体が大きめな朴石で覆われていて迫力がありました。
その石がとてもきれいに管理されていて、感心しましたねえ。
石浜神社自体もとてもきれいな境内ですので、維持管理されている方々が、
熱心に神社を守っていらっしゃるのだと思います。
富士塚に上れないのは残念ですが、素晴らしい富士塚でした。
by ナツパパ (2016-12-04 09:03) 

ナツパパ

めぎさん。
富士塚自体にはお約束がいくつかあるのですけれど、ここの富士塚には、
石碑が建っていたり朴石で覆われていたり...とそのお約束が揃っていました。
ただ...富士山遙拝所の石柱があるので、富士塚であることはたしかなのですが、
そのほかには浅間神社に由来するものがないんです。
御嶽山の石碑はあるのですがねえ...ううむ。
古い富士塚を破脚した後、そういう浅間神社関係のものが散逸してしまったのかも。
だとしたら、せっかく再興された富士塚、惜しいことをしたなあ、と思います。
by ナツパパ (2016-12-04 09:07) 

ナツパパ

kenさん。
三猿の石碑、良い出来映えでしょう。
富士塚の正面に、あたかもそこを守るかのように一対建っています。
猿は浅間神社の使いでもあるので、ここに建てたのでしょう。
...ただ、庚申様の石碑、との指摘もありまして...さてさて。
庚申塚の石碑でしたら一対は建てないかも、と思いますので、
富士塚のために作られた石碑ではないかな、と思うのですがねえ。
by ナツパパ (2016-12-04 09:10) 

ナツパパ

北海道大好き人間さん。
富士講自体は既に活動していないようですが、以前にあった富士塚に、
懐かしい思いを持っている地域の方が多かったのかもしれません。
または、以前富士講で活動されていた方が音頭を取って、富士塚を再興しようと、
話を纏めてくださったのかもしれませんね。
...だとしたら、北海道大好き人間さんの仰るように、富士講の流れが残っていた、
そういうことになりますね。
by ナツパパ (2016-12-04 09:13) 

ナツパパ

アルマさん。
そうなんですよね。
富士塚の上に、こういった石碑が乗っているのは初めて見ましたよ、わたし。
歌碑の内容は、純正な古今調の和歌でして、作者の直正さんという方がどなたか、
そこからして調べなければならないでしょう。
境内の宮司さんに伺えば良かったなあ...迂闊でした。
それにしても、この富士塚を遠くから眺めると、不気味な姿でした。
注連縄が目のように写っていて、なお一層なにかの生物のような感じがします。

by ナツパパ (2016-12-04 09:17) 

ナツパパ

enosanさん。
AKIさん。
濱の寅次郎さん。
kiyokiyoさん。
tochiさん。

nice、ありがとうございます。
by ナツパパ (2016-12-04 09:18) 

ナツパパ

てんてんさん。
kiyoさん。
sugoimonoさん。
ぼんぼちぼちぼちさん。
ぽんちゃん さん。

nice、ありがとうございます。
by ナツパパ (2016-12-04 09:19) 

ナツパパ

隊長さん。
テリーさん。
ma2ma2さん。
Mitchさん。
Santaさん。

nice、ありがとうございます。
by ナツパパ (2016-12-04 09:20) 

ナツパパ

KAZさん。
ennkakasyuさん。
mamiiさん。
みりーさん。
ブラザー★ボブさん。

nice、ありがとうございます。
by ナツパパ (2016-12-04 09:21) 

ナツパパ

しのぴんさん。
song4uさん。
wattanaさん。
あるいるさん。
さる1号さん。

nice、ありがとうございます。
by ナツパパ (2016-12-04 09:22) 

engrid

とっても不思議、、神秘?
宇宙と繋がってる、、、とか、、発信かな
大事に信仰されてますのね、すばらしいです
by engrid (2016-12-04 10:47) 

小肥り

隅田川も下流から遡って浅草、吾妻橋、スカイツリー、東武線鉄橋あたりまではけっこう賑やかで華やかで心浮き立つのですが、さらに上流、言問橋あたりになると少し淋しくなるんです。もっと上流、白髭橋となるとまるで馴染みがない。名前の元となった白髭神社というのは川の東側なんですね。「髭」という字も下が「此」なのか「再」なのか「須」なのか自信がない。西側のこの神社も当然知りません。
by 小肥り (2016-12-04 11:09) 

あおたけ

白髭神社の白髭富士、
移転しても富士塚が作られたのは
嬉しいことですね(^^)
両脇の三猿がまた味があって、
いい感じですね〜♪
by あおたけ (2016-12-04 16:23) 

aloha

タイムリーなことに、鬼平犯科帳ファイナルに富士塚の話がちらりと出たので、
興味深く拝読させて頂きました。
ここが最古の富士塚なのですね。
三猿が狛犬のかわりというのも面白いです。
ところで、最後のお写真の狛犬さんたちが、チャウチャウ犬に見えるのは
私だけしょうか?(^^;)
by aloha (2016-12-04 19:44) 

Inatimy

鳥居との写真で、富士塚の高さが際立ちますね。
これは険しそうな感じ。
横に平たい顔の狛犬さま、愛らしい^^。
右側のは、舌がちょろっと上がってるのかしら?
by Inatimy (2016-12-04 20:36) 

なかせ

素晴らしい富士塚ですね!
狛犬さんもなんだか愛嬌がありますね♪
by なかせ (2016-12-04 21:50) 

ナツパパ

engridさん。
富士塚が特徴的で、遠くから見ると、いつもの姿とはずいぶん違うんです。
写真に撮ってみると、なお一層不気味で(笑)
...注連縄がね、注連縄の飾りがちょうど目のような雰囲気で...
近寄ってみると、なぁんだ、という感じなのですが、それにしても、富士塚の頂上に
どなたかの歌碑を置くのは斬新です。
経緯を調べてみたいので、また石浜神社に参拝して、宮司さんに聞いてみようと思います。
by ナツパパ (2016-12-05 04:33) 

ナツパパ

小肥りさん。
白髭橋界隈は、わたしもほとんど初見の土地なのでした。
東武線の東向島から歩いていくか、またはJR常磐線もしくは東京メトロ日比谷線の
南千住駅から歩いていくことになります。
...バスの方が便利かもしれません。
「石浜神社」は白髭橋西詰めですが、橋を東に渡ったところに、「SEIKO博物館」がありました。
戦前の時計、クォーツ時計など、精工舎の歴史が展示されていて、一見の価値ありです。
ミュージアムショップもあって、SEIKOの限定時計が買えますよ。
...値段は、限定相応で、もちろんわたしは眺めるだけでした。
by ナツパパ (2016-12-05 04:38) 

ナツパパ

あおたけさん。
神社の改築移転が、隅田川のスーパー堤防工事と関係があると知って、
そういえばスーパー堤防って初めて見たなあ、なんて思っちゃいました。
高く頑丈、という印象の堤防ではなかったのですけれど、神社や街をどかして作るのですから、
いざというとき役に立って欲しいものです。
神社自体も敷地がかさ上げされていて、備えは十分と見えましたねえ。
by ナツパパ (2016-12-05 04:41) 

ナツパパ

alohaさん。
あ、わたしも見てましたよ、鬼平犯科帳ファイナル。
...見慣れたレギュラーの方々が出演で懐かしかった...
...でもみなさん年取っちゃったなあ(笑)
やはりそろそろファイナルでしょうねえ、残念ですけれど。
この神社には富士塚はあったのですが、以前取り壊されたようです。
その富士塚が、ひょっとしたら最古のものでは、という説があるようなのですね。
根拠は「富士山遙拝所」の石柱で、これがあるなら富士塚も、ということらしいです。
現在の説では、最古の富士塚は「高田富士」で1780(安永9)年の築造ですが、
寛文年間というとそれより100年前になりますので、すごいことです。
ちなみに、「高田富士」は早稲田大学拡張の折、近所に移転させられましたので、
築造されたその地に現存する最古の富士塚は、「千駄ヶ谷富士」になります。
1789(寛政元)年築造だそうですよ。
by ナツパパ (2016-12-05 04:54) 

ナツパパ

Inatimyさん。
富士塚は富士山をもして作られますので、基本的に登山道が造られ、
人々が頂上まで登っていけるように出来ています。
登山道には合目石があり、また大沢崩れや烏帽子岩などの、実物の富士山の
ミニチュアが作られます。
富士登山の疑似体験ですから、どうしてもそうなりますよね。
その一方で、見るだけ、参拝するだけの富士塚もありまして、「白髭富士」も
そちらの方ですね。
どちらも富士塚で貴重な遺産ですが、見るだけですと、山容がきつくなりがちです。
ここの富士塚も、鋭角的な山容が素晴らしいですね。
by ナツパパ (2016-12-05 04:59) 

ナツパパ

なかせさん。
ホントそう思います。
溶岩石である朴石をふんだんに使い、その山容は素晴らしいものです。
きちんと維持管理されていて、たとえば石の間から雑草が生えていることもなく、
特徴的な姿を愉しむことができました。
お勧めの富士塚です。
by ナツパパ (2016-12-05 05:02) 

ナツパパ

はじめてのDORAKENさん。
やってみよう♪さん。
burubonさん。
macharunさん。
ヨタ8さん。

nice、ありがとうございます。
by ナツパパ (2016-12-05 05:04) 

ナツパパ

arail206さん。
ネオ・アッキーさん。
フジトモさん。
たかぼんさん。
Kansai-ginさん。

nice、ありがとうございます。
by ナツパパ (2016-12-05 05:05) 

ナツパパ

向日葵さん。
ぼんさん さん。
くまらさん。
caverunaさん。
いっぷくさん。

nice、ありがとうございます。
by ナツパパ (2016-12-05 05:06) 

kuwachan

立派な社殿に趣のある富士塚ですが再建とは驚きました。
歴史のある神社でも移転させられてしまうのですね。
富士山信仰、そういえば少し前にブラタモリでやっていましたね。
by kuwachan (2016-12-05 09:00) 

馬爺

異様なくらい睨みが利いた狛さんですね。
なんだか怖いですね。
by 馬爺 (2016-12-05 17:19) 

amo

素晴らしい!ですね、富士塚も狛犬も
是非、私も拝見させて頂こうと思います。
by amo (2016-12-05 18:00) 

ナツパパ

kuwachanさん。
神社ってずっとその地にあるもの、とわたしも思っていましたが、
調べてみると、これがけっこう移ってるんですよね。
たとえば、東京都中央区にある「鉄砲洲稲荷神社」は今隅田川のほとりですが、
以前は京橋にあって、その後4回、一説には6回移転しています。
そこには富士塚もあるのですが、神社の移転に従って、富士塚も移転した、
という話もあります。
江戸は、とくに初期は街や土地が急速に膨張したため、そういうことになったのでしょう。
江戸に限らず、関東各地の富士塚でも、移転再興の話がいくつもあるんですよねえ。
by ナツパパ (2016-12-06 08:42) 

ナツパパ

馬爺さん。
ほんとそうですね。
眼を細めてじっと見られているような...かなりの迫力です。
でもこれは、わたしの写真の撮り方にも影響があったかもしれません。
実際に見てみると、なかなかの愛嬌があって、親しみも感じました。
身体各所に風化の後も見られますが、素晴らしい狛犬と思いました。
by ナツパパ (2016-12-06 08:44) 

ナツパパ

amoさん。
「石浜神社」は、隅田川のほとりにあって、景色も良く、良いところでした。
秋でしたので、堤防に立ってみると、空が広かったなあ。
白髭橋界隈というと、東京の西郊に住む身には馴染みが薄いのですけれど、
歩いてみると、面白いところ見所も多いです。
「SEIKO博物館」は白髭橋東詰ですし、少し歩いて東向島駅には「東武博物館」があります。
東武電鉄の古い車輌などが展示してあって、見応えがありました。
隅田川に沿った道を下るのも面白いと思います。
江戸中期以降、隅田川は観光名所でしたので、お寺神社など見所も多く、たとえば、
長命寺門前の桜餅、言問団子など...あ、先の浅草も良いですよね。
なんかまた行きたくなっちゃいました。
by ナツパパ (2016-12-06 08:49) 

ナツパパ

gopさん。
tommy88さん。
RANPOさん。
今造ROWINGTEAMさん。
ばんない たろうさん。

nice、ありがとうございます。
by ナツパパ (2016-12-06 08:51) 

ナツパパ

koh925さん。
mwainfoさん。
追いかけっ子さん。
cyoko1112さん。
たかおじーさん。

nice、ありがとうございます。
by ナツパパ (2016-12-06 08:52) 

ナツパパ

さとしさん。
タンタンさん。
schnitzerさん。

nice、ありがとうございます。
by ナツパパ (2016-12-07 09:28) 

nicolas

白髭神社、ここにも富士山あったんですねー
地図では確認した記憶があるんですが、行ったことなかったです。
ここの狛犬さんはニヒルですね!
by nicolas (2016-12-07 17:49) 

今造ROWINGTEAM

白髭富士は3~4メートル!
とても大きいですね!
上手に石が積まれていますね(^^)
byオカベン
by 今造ROWINGTEAM (2016-12-07 22:01) 

ナツパパ

nicolasさん。
そうなんです。
わたしも都内の富士塚一覧を見ていて知り、それで出かけました。
良くできた富士塚で、そうでありながら近代的な雰囲気も持っていました。
登拝できないのは残念ですが、なにしろ手間と費用のかかるものですから、
富士講が活動を減らしている今、大きな富士塚を作るのは難しいように思います。
石浜神社も素晴らしいところですので、ぜひ一度お運び下さいね。
by ナツパパ (2016-12-08 14:57) 

ナツパパ

今造ROWINGTEAMさん。
オカベンさん、こんにちは。
ここの石積みは見応えがありました。
富士塚は、なにしろ富士山のミニチュアですから溶岩石が必須で、
それをきちんと緻密に積み上げていて、しかも雑草など皆無...
これは感心しましたねえ。
日頃の維持管理が素晴らしいのだろうなあ、と思います。
by ナツパパ (2016-12-08 15:00) 

ナツパパ

MONSTER ZEROさん。
hide-mさん。
大和さん。
U3さん。
ラックさん。

nice、ありがとうございます。
by ナツパパ (2016-12-08 15:01) 

ナツパパ

でんさん さん。
me-coさん。
hypoさん。
kyonさん。

nice、ありがとうございます。
by ナツパパ (2016-12-08 15:02) 

竹口要

白髭富士、すごい迫力ですね!!
確かに宇宙人っぽいです(笑)
狛犬たち、眼光鋭いです!
その目さえ見なければ漂う雰囲気に愛嬌があって
可愛く見えます♪
そういえば白髭というと、滋賀の高島市に
厳島神社のような湖に浮かぶ鳥居のある神社があります。
白髭つながり♪
ツマ。
by 竹口要 (2016-12-08 16:41) 

viviane

江戸時代からここに?
ゴロゴロとした石、火山噴出石の様に見えますが・・・まさか~ですよね^^
富士山の噴火はかなり大昔ですものね^^

by viviane (2016-12-08 18:10) 

johncomeback

拙ブログへのコメントありがとうございます。
α7RⅡ自体は軽量コンパクトなんですが、
最近の高性能レンズがデカくて重いです。

久し振りの「富士塚」ですね。
このシリーズ大好きなので続けて下さいね(^▽^)/
by johncomeback (2016-12-08 20:32) 

ナツパパ

竹口要さん。
ツマさん、こんにちは。
富士塚を遠くから眺めて、実際に眺めているとそうでもないのですが、
写真に撮ると姿が不気味です。
この富士塚を紹介する写真でも、かなり不気味な写り方があり...
...たとえば逆光気味だったり曇天下だったり...
で、わたしも遠くから撮ってみたら、やはり不気味な感じなのでした。
不思議なオーラを放つ富士塚です(笑)

滋賀高島の白髭神社って行ってみたいです。
湖に建つ鳥居は、いかにも琵琶湖のほとりという感じですね。
by ナツパパ (2016-12-09 12:46) 

ナツパパ

vivianeさん。
ゴロゴロとした石は、溶岩石なんですよ。
朴石、もしくは黒朴石という名前で、江戸時代から使われていました。
富士塚にはお約束なので、江戸中期以降の富士信仰と富士塚建設のため、
この朴石はかなり需要があったらしく、江戸に多く運ばれてきたようです。
火山というと、関東では富士山と浅間山、そこから江戸まで運ばれてくるのですからすごいですね。
きちんとした流通ルートがあったということなのでしょう。
船運による、江戸時代の物流は、既に近代の姿、と思います。
by ナツパパ (2016-12-09 12:50) 

ナツパパ

johncomebackさん。
たしかに、ソニーのα7シリーズは、フルサイズカメラにしては軽量ですよね。
持ち運びに、他社の一眼レフカメラより楽そうです。
ソニーは自分でセンサーを供給できますから、より良い性能になるでしょう。
わたしも欲しいなあ、と思わぬでもないのですが、そこに行くとその後が...
と、自制しているところです。
これからレンズ一式を揃えるのは厳しいので。

富士塚の記事に暖かいお言葉、ありがとうございます。
わたし自身富士塚にはまっているところ...これからも続けるつもりです。
どうかご贔屓に。
by ナツパパ (2016-12-09 12:54) 

ナツパパ

ともちさん。
mayuさん。
okin-02さん。
(。・_・。)2Kさん。
arashiさん。

nice、ありがとうございます。
by ナツパパ (2016-12-09 12:55) 

ナツパパ

みぃにゃんさん。
やまピコさん。
lamerさん。
きーちゃん2さん。
ダイとクロさん。

nice、ありがとうございます。
by ナツパパ (2016-12-09 12:56) 

ナツパパ

ハマコウさん。
kikiさん。
takechanさん。
TaekoLovesParisさん。
kuririnn-mameさん。
by ナツパパ (2016-12-09 12:59) 

ナツパパ

saruさん。
アフロおやじさん。
トレンダー櫻井さん。
しゅわっちさん。
モリガメさん。

nice、ありがとうございます。
by ナツパパ (2016-12-09 13:00) 

ばー助

1988年に造られた、そこそこ新しい富士塚なんですね☆
ゴミひとつないなんて、大切にされてるのが、なんか嬉しいです(^^)
by ばー助 (2016-12-09 21:41) 

ナツパパ

ばー助さん。
そうなんですよ、新しく建てられた富士塚なんです。
地域にあるものとして、富士塚が認知され、それで、維持管理などが
行われるようになると良いなあ、と思います。
ここはきれいにされていて、仰るとおり、嬉しい富士塚なのでした。
by ナツパパ (2016-12-10 09:37) 

ナツパパ

たあさん さん。
芝浦鉄親父さん。
ありささん。
ffmlさん。
momoさん。

nice、ありがとうございます。
by ナツパパ (2016-12-10 09:39) 

ナツパパ

makkunさん。
ハッピーさん。
こけもも:さん。
wattanaさん。
ハレルヤさん。

nice、ありがとうございます。
by ナツパパ (2016-12-10 09:40) 

ナツパパ

nachicさん。
nice、ありがとうございます。
by ナツパパ (2016-12-11 16:55) 

ナツパパ

サトちゃんさん。
nice、ありがとうございます。
by ナツパパ (2016-12-12 08:50) 

ナツパパ

暁烏 英(あけがらす ひで)さん。
nice、ありがとうございます。
by ナツパパ (2016-12-13 20:06) 

ナツパパ

doudesyoさん。
nice、ありがとうございます。
by ナツパパ (2016-12-16 15:30) 

ナツパパ

gardenwalkerさん。
nice、ありがとうございます。
by ナツパパ (2016-12-19 09:20) 

ナツパパ

himaさん。
nice、ありがとうございます。
by ナツパパ (2017-01-11 09:23) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。