So-net無料ブログ作成

一攫千金を目論む [くらしの中で]


 
 
 
    334.jpg
 
 
 
 今年の夏がまだまだ盛りの頃、「暑気払い」を催したことがある。
 
 息子も通っていた地元の小学校でPTAの役員をし、そのあとも地域で役職に就く人が集まって。
 
 ワイワイと愉しくやっていたら、仲間のKさんが「ハイこれ」といって袋を取り出した。
 
 中を覗くと球根で、そうね7~80個は入っている。
 
 
 
 
 ...これなに?...ほら、前に言っていたヤツですよ...?...サフラン!...ああ、これがかぁ
 
 
 
 
 Kさんは近所でも大きな農家の跡取りで、好奇心旺盛な青年。
 
 その彼は、畑の隅に珍しい作物を植えている。
 
 その一つがサフランで、彼が作った乾燥サフランを、地域のおまつりで使い、サフランライスにして供する。
 
 そして、その上にカレーを掛けるのが、最近名物になってきた。
 
 
 
 
 ところが、乾燥サフランを作るのに、とても手間が掛かるのだそうだ。
 
 ...サフラン自体は放っておいても花を付けるのだけれど、雌しべを取り出し乾燥させる手間がねえ。
 
 誰か乾燥サフラン一緒に作らない?という呼びかけに、手を挙げたのは、なにを隠そうこのわたしなのだった。
 
 
 
 
 もらったサフランの球根を、8月末に植えたら、9月初旬に芽が出た。
 
 
  

 
 
 
    335.jpg
 
 
 
 もらったとき、7~80個の球根を育てるには、どのくらいの広さが必要なのだろう、と疑問が湧いた。
 
 ...なぁにタタミ1畳分もあれば十分でしょう...とKさんは言う。
 
 そこで、わが家の庭に植えることにしたのだが、庭は妻の管理下にある。
 
 見慣れない球根を取り出し、植えて育てよう、という亭主に、妻は警戒し尻込みした。
 
 
 
 
 これなんなの?...サフランさ、サフランの球根...サフランって、あのサフラン?...そう、あのサフラン。
 
 サフランといえば、乾燥した雌しべが少し入っている袋でもけっこうな値段がする。
 
 そのサフラン...これを育ててみよう...一攫千金だぜ。
 
 そうしたら妻は、球根を眺め、それから、一攫千金かぁ、とうっとりした。
 
 
 
 
 その妻の丹精もあってか、9月中旬になり、サフランの葉がいよいよ伸びてきたのだった(写真上)。
 
 
 
 
 
 
    342.jpg
 
 
 
 10月に入って、サフランの花が一輪咲いた。
 
 その時の、わたしたち夫婦の喜びはたいしたもので、おおっ、咲きましたか、と大きく叫んだのだった。
 
 サフランの、薄紫色の清楚な花は、見ているだけでも気持ちがよろしい。
 
 
 
 
 
 
    343.jpg
 
 
 
 そうこうするうち、猫額状のサフラン畑では次々と花が咲き始めるのだった。
 
 朝見ると、だいたい一日5~10輪ほどがつぼみを膨らませている。
 
 日が差すと花がひらき始め、そうした頃合いで、わたしか妻が花を摘む。
 
 写真上は某日摘んだサフランで、だいたいこれくらいが毎日の収穫である。
 
 
 
 
 
 
    344.jpg
 
 
 
 薄紫色の花びらを外すと、赤い大きな雌しべがあるから、それをピンセットで引き抜く。
 
 サフランの雌しべは大きく、そして一輪の花に3本もある。
 
 ...ふつう雌しべは1本だろう...と思うのだが...
 
 思うに、Kさんからいただいたサフランは、雌しべを取って使うために改良?された品種なのかもしれない。
 
 (サフランの雌しべが3本はデフォのようです。北海道大好き人間さん、ご教示ありがとうございます。) 
 
 
 
 
 雌しべを取るのはけっこうな手間で、Kさんのところでは、最盛期一日100~150輪の花が咲くらしい。
 
 農作業をしながらではそれは面倒くさくなるだろう、と思った。
 
 
 
 
 
 
    345.jpg
 
 
 
 採った雌しべは一週間ほど乾燥させてから保存する。
 
 写真上で、左側の太い雌しべはこの日採ったばかりのもの。
 
 次第に細くまた色も濃くなって、一週間経つとカラカラに干し上がった状態になる。
 
 
 
 
 次第に多くなる雌しべ、そして保存されている袋を眺める妻。
 
 なにやら満たされているような顔つき...こう言うのを収穫の喜びといったらいいのだろうかなあ。
 
 
 
 
 サフランは球根で増える多年草で、開花後に肥料を与えれば、来年以降も花を付けるのだとか。
 
 ...どんどん増えるから、適当なところで間引いてね、とKさんが言う。
 
 どんどん増えるのかぁ...とウットリする妻...とわたし。
 
 
 
 
 来年か再来年には、ナツパパ印のサフランがネット上に売り出されるかもしれない。 

nice!(133)  コメント(102) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 133

コメント 102

さらまわし

毎回楽しく記事を拝見しています。
何時もご訪問、nice! ありがとうございます。
実はお願いがあります。
読んでいるブログに登録して頂けないでしょうか。
読者をもう少し増やしたいのでご協力下さい。
ぜひよろしくお願いいたします。
by さらまわし (2015-11-02 15:20) 

足立sunny

乾燥サフラン、ものすごい高値です。
ナツパパ印サフラン計画、うしうしになるかも、ですね。食品偽造ですけれど、お庭産よりインド原産とするとより高価かも。
by 足立sunny (2015-11-02 15:52) 

北海道大好き人間

農作物やその加工品が市場に出回るまでにはそれなりに苦労するわけですが、これを読んでいますと、「粉末を買った方が早い」と思うかも知れません。ですが、他の香辛料と比べても非常に高いことが分かります。

>Kさんからいただいたサフランは、雌しべを取って使うために改良?された品種なのかもしれない。
画像検索してみましたが、どの花もめしべが3本出ていますね。

>Kさんのところでは、最盛期一日100~150輪の花が咲くらしい。
それで1gのサフラン粉が採れるかどうかみたいです。

by 北海道大好き人間 (2015-11-02 15:54) 

アルマ

なるほど、サフランって高いですからね、コレはイケるか・・・も?
道の駅や農協にツテをもってそれから・・・って感じでしょうか(^^ゞ
by アルマ (2015-11-02 16:33) 

johncomeback

拙ブログへのコメントありがとうございます。
三島でウナギを飽食ですか、一度で良いから飽きるほど食べてみたい。

確かにサフランは高価ですからねぇ、一攫千金も夢じゃないかも(^^)ニコ
by johncomeback (2015-11-02 16:35) 

旅爺さん

サフランの雌しべはご飯に入れるんですか? 
我家でも咲きますが食べられるとは知りませんでした。
花びらは乾燥したらやはり使えるんじゃないでしょうか?
by 旅爺さん (2015-11-02 17:00) 

ナツパパ

さらまわしさん。
こちらこそ、いつもご訪問下さりありがとうございます。
読んでいるブログに登録ですね。
了解しました。
by ナツパパ (2015-11-02 17:02) 

ナツパパ

足立sunnyさん。
そうなんですよ、乾燥したサフランってビックリするような値段なんです。
カミさんはそれを見てため息をついていたことがあり、それで、サフランと聞いてすぐに飛びついてきました。
最初の年なのですがけっこう花も咲き、一攫千金とは行かなくても一攫十金...
...五金くらいかな(笑)にはなりそうですよ。
あ、そうそう、わが家は○○区○○町なのですけれど、そのあとに字を付けることにしました。
○○区○○町字印度...これで産地偽装ではなくなる...はずです(笑)
by ナツパパ (2015-11-02 17:06) 

ナツパパ

北海道大好き人間さん。
サフランについての情報をありがとうございます。
そうなんでしたか、雌しべはデフォで3本もあるんですね。
サフランって多産系なのでしょうか(笑)
記事を訂正することに致します。
それにしても100~150の花で1㌘行くかどうか...いやはや。
by ナツパパ (2015-11-02 17:08) 

ナツパパ

johncomebackさん。
三島の、旧東海道沿いに、安政3年創業のウナギ屋があって、そこでは棚入れなる丼があります。
2合はあるご飯に3枚の蒲焼きが載り、さらにご飯の中に1枚...すごかったです。
それを食べられたのですから、若かったなあ。
今ではもうムリでしょう...寂しいことです。
by ナツパパ (2015-11-02 17:11) 

ナツパパ

旅爺さん さん。
サフランの雌しべは、ピンセットで取り、さらに一週間ほど乾燥させます。
すると針のように細く、また色合いも濃くなります。
その乾燥サフランを、先ず水かお湯で戻し、その際サフランから出た色がお湯について、
その色の水でご飯を炊く、という手順になると思います。
黄色く見事な色合いで、独特のニオイも持つ、サフランライスが出来上がります。
ブイヤベースやパエリアにも使うそうですが、それには直接乾燥サフランを投入すると聞きました。
わが家の乾燥サフラン、まずはサフランライス、そのあとはパエリアで、と目論んでおりますので、
市販は先になりそうです(妄想 笑)
by ナツパパ (2015-11-02 17:16) 

ナツパパ

sarusanさん。
ソニックマイヅルさん。
caverunaさん。
doraemonさん。
AKIさん。

nice、ありがとうございます。
by ナツパパ (2015-11-02 17:17) 

くまら

思い切って土地を購入し・・・って初期投資どんだけかかるんだろう??
by くまら (2015-11-02 17:19) 

ナツパパ

アルマさん。
すみません、お返事の順番遅れてしまいました。
じつは近所にJAがあって、そことは懇意にしています。
準組合員でもありますし...うふふ、これはちょっと楽しみですねえ。
ただ、卸元のKくんがJAの青壮年部長なので、彼がうんと言わなければ...うーむ。
ナツパパ印のサフラン、もう袋に貼るシールはイメージできてるんだけどなあ。

by ナツパパ (2015-11-02 17:21) 

ナツパパ

くまらさん。
球根を植える土地も、ですが、咲いた花を摘んで雌しべを取り出す手間が大変そうです。
それを日本でやったら、さていくらくらいになるのか...考えるだけでも恐ろしい話で(笑)。
これは当分夫婦の零細農業で行くのが良いかな、と思います。
...でも夢は大きく一攫千金...夢は広がりますねえ(妄想とも言いますが 笑)
by ナツパパ (2015-11-02 17:24) 

ナツパパ

ciel-bleu-fonceさん。
タケサバスさん。
sora_pさん。
himaさん。

nice、ありがとうございます。
by ナツパパ (2015-11-02 17:26) 

Inatimy

サフランの花、すごくキレイですね^^。 いい色♪
でも、その花を十分楽しむ間もなく収穫ですものね。
昔、スペインのサフラン農家さんの収穫をTVで見たことがあります。
次から次へ作業テーブルが花で山盛りに^^;。
蕊を取るのも、ものすごい手間と根気がいりそうで、驚いた覚えが。
ナツパパさん印のサフラン、パエリアに使ってみたいなぁ。
やがてお庭一面サフランの淡い紫の花になるかしら^^。
by Inatimy (2015-11-02 17:29) 

さらまわし

登録ありがとうございますm(__)m
これからもよろしくお願いします!!!
by さらまわし (2015-11-02 17:39) 

ソニックマイヅル

こんばんは。サフランを育てていらっしゃるんですね。来年の今頃たくさん出荷されるのを楽しみにしております。\(^o^)/
by ソニックマイヅル (2015-11-02 17:55) 

hanamura

皆様同様に私もパエリアを作るのに買ったとき・・・
お値段に、びっくりポンでした!(ホンマ高価やで!)
でも「一攫千金」って言葉とウラハラ(?)ほのぼの雰囲気がぁ・・・
ナツパパさんですねぇ~。爆!爆!爆!(ごめんなさい。)
by hanamura (2015-11-02 18:41) 

めぎ

サフランってクロッカスに似ているのですね。
春に咲いたクロッカスと言われれば、そうですね、と言ってしまいそうです。
・・・と思って調べたら、クロッカス属なのですね。
うちのクロッカス、間違いでサフランだったりしないかしら・・・♪

by めぎ (2015-11-02 20:39) 

aloha

恥ずかしながら、サフランの花って黄色だと思ってました(^^;)
サフランライスの、あの色そのままに。
それにしても手間がかかるものなのですね。
奥様の期待どおり、一攫千金が叶うといいですね!
by aloha (2015-11-02 21:37) 

sevensea-south

サフラン♪楽しみですね~
ナツパパ印のサフラン( *´艸`)
一攫千金叶うといいですね!!
by sevensea-south (2015-11-02 22:05) 

nicolas

あー、パエリアには欠かせませんー
確か・・・油分があったりお湯だと色が出にくいんですよね。
by nicolas (2015-11-02 22:20) 

amo

ナッちゃんママのサフラン、、、の方がいいかも。
by amo (2015-11-02 22:45) 

ぷち

すごい綺麗な花ですぅね。
上品な紫色で、これがいっぱいになったら最高ですね。
by ぷち (2015-11-02 23:51) 

kiki

サフラン、高価ですよね〜
『ナツパパ印』待っていましょう(笑)ファイトです。
by kiki (2015-11-02 23:57) 

小梅姉

サフランが、球根であったり花が咲くとは
全く知りませんでした^^;サフランライスぐらいしか・・・
それにしても、綺麗な花ですね~。
ブログ読者割価格を、設けて頂けたらなぁ(笑)
ナツパパ印、いいですね(^^)
by 小梅姉 (2015-11-03 00:44) 

kaname

そういうお金儲けの方法があったのですねー!!
いいこと聞きました♪
・・・でも実際やるほどマメではないのが残念なワタシでありました。
サフランの花、そうぞうと全然違ってました~(^◇^)
ツマ。
by kaname (2015-11-03 05:36) 

YAP

夢が膨らみますね。
この手間を考えると、それなりのお値段になるわけですね。
by YAP (2015-11-03 08:26) 

hatsune

祖父母が作ったサフランパウダーが送られてきたことがあります。
その時、私も一攫千金の文字が頭に浮かびましたが、その後、
送られてこなかったところをみると、いまは育ててなさそうです(´・ω・`)
by hatsune (2015-11-03 11:10) 

mamii

クロッカスは植えていますがサフランは知りませんでした。
by mamii (2015-11-03 12:32) 

engrid

ほんとクロッカスね
でも、クロッカスより素敵な薄紫、大人の色ね
お手間さまを、お二人で愉しんでいらっしゃる、、いいわね
ほんと楽しそうな作業
サフランライス、楽しみね、、、
我が家のサフランは、新鮮、出来立て、ですもの!
by engrid (2015-11-03 21:56) 

macharun

サフランの花初めて見ました。きれいですね~。
by macharun (2015-11-03 21:59) 

みち

サフランって雌しべだったのですね、知らなかったです。
丸くて紫色の花、可愛らしいですね。
サフランは手間が掛かるのですね、高いハズです!
ナツパパさん印のサフラン、お待ちしています♪
by みち (2015-11-03 22:31) 

me-co

いいですねぇ一攫千金!
商売繁盛ご祈念申し上げます。
うちは無理です。球根モノは、何を植えてもモグラにやられます(T。T)

by me-co (2015-11-04 00:23) 

でんさん

サフランの花って、こんなきれいな薄紫なんですね!
独身の頃、パエリアを作ろうと買ったら、高くて
ちょびっとしか入ってなくて、びっくりしました。
宝くじより高確率の一攫千金~!!(≧▽≦)
by でんさん (2015-11-04 00:28) 

Santa

確かに、手間暇がかかると聞いておりましたが、
実際に…すごい!
日々乾燥して出来上がるたびにほくそ笑む
姿が目に浮かびます。
私は乾燥した市販のものを手に入れましたが
そりゃ~高価でした。
でも、本物のサフランライスの香りと色は
たまらなくすばらしいのであります。
そして、それにカレー…うっーたまらない。
風で飛ばされないようどうぞお気を付けください。
このNewsを見て狙われないように(^_^)
by Santa (2015-11-05 13:26) 

隊長

サフランの花って、こんなに綺麗だったのですね。
綺麗だけれで“トゲ”がある薔薇と違って、どうやって身を守るのだろうかしら?
by 隊長 (2015-11-05 17:03) 

ken_jp

そうやって、丹精込めて植えたサフランが開花して、
夫婦して喜ぶ^ ^なんと微笑ましい
ちなみにううちのは植物全然興味なしなんです
僕は観葉植物が割と好きで、春5月頃全ての鉢を庭に出し
10月にそれを室内に入れます
室内に入れた時に家内は虫ついてないでしょうねとか
邪魔なのよねとか言って、緑を愉しむ心がないんですよ
あっ、余談でした^ ^
by ken_jp (2015-11-05 19:31) 

gardenwalker

こんばんは
とっても印象的なお花なんですね
サフランライス、パエリア・・・
紫色の花だったなんて!
とても勉強になりました
ありがとうございました!
by gardenwalker (2015-11-05 23:03) 

ナツパパ

Inatimyさん。
サフランの花って、わたしも初めて見たんです。
薄紫色がとてもきれいで見とれてしまいましたっけ。
...でも、欲には勝てず、すぐ摘んでしまったわたしはイケナイ人かも(笑)
その後、サフランは次々と花を付けてくれます。
一株から3つくらいの花が咲くのにはビックリ。
今朝もこれから花摘み、とカミさんは言ってますよ。
by ナツパパ (2015-11-06 08:58) 

ナツパパ

ソニックマイヅルさん。
今年初めて植えたのですがね、植える前、先ず肥料をけっこう撒きました。
今、花々がたくさん咲くのは、その肥料のおかげなのかもしれませんね。
なので、来年はどうしようか?と夫婦で相談中です。
一度掘り起こして、肥料をやってから植え戻そうか...どうしよう。
一度、先輩のKさんに聞かなければなりません。
by ナツパパ (2015-11-06 09:01) 

ナツパパ

hanamuraさん。
あはは...ほんとにノンビリした夫婦で(笑)
わたしたち夫婦は同じ年なので、お互い還暦過ぎ...そろそろ身体が気になります。
その対策に、運動や庭仕事...を愉しもう、というわけで、取り分け今回のサフランは、
一攫千金の合い言葉と共に、夫婦でもえているモノなのであります。
当初考えていた以上に収穫があり、地域のおまつりに供出する分を除いても、
わが家で使うサフランの一年分を遙かに超えて貯蔵できそう。
いろいろな料理で愉しめそうです。

by ナツパパ (2015-11-06 09:06) 

ナツパパ

めぎさん。
あ、そうそう、クロッカスとそっくりですよね。
隣に住む母がサフランを見て、クロッカスがきれいだねぇ、といいました。
これサフランなのよ、とカミさんが言うと、サフランもきれいだ、といいます。
...次にはもう、クロッカス、というんですがね(笑)
薄紫色がとてもきれいで、なおかつ雌しべが役に立つ...良い花と巡り会いました。
by ナツパパ (2015-11-06 09:09) 

ナツパパ

alohaさん。
じつはわたしも、そしてカミさんも、サフランの花って初めて見ました。
思いの外清楚な花にビックリしました。
これならずっと、ここに植えて花と雌しべを愉しもう、と思っています。
...あ、カミさんは増産も視野に入れて、サフランを植える場所を考え中だそうですが(笑)
ただあまり多くなると、雌しべを取り乾燥させる作業が大変そうで、躊躇してしまいます。
by ナツパパ (2015-11-06 09:11) 

ナツパパ

sevensea-southさん。
10月始めに最初の花が咲いて、それから次々に花が咲いているサフランで、
その雌しべを乾燥させたモノは、もう小さな密閉容器に一杯になりつつあります。
今でも花は次々に咲いていますから、もうすこし大きな密閉容器ひとつにサフランの雌しべが
収穫できることになりそうですよ。
来年、球根が増えて花ももっと多くなると...いよいよ「ナツパパ印」のサフランを、
皆さんに分けられるようになるかもしれません。
楽しみなことになってきました。

by ナツパパ (2015-11-06 09:15) 

ナツパパ

nicolasさん。
サフランの雌しべを料理に使うところでは、まだ経験のほとんど無いナツパパ夫婦なんです。
そうでしたか、油やお湯は色が出にくいんですね...メモメモ。
サフランの栽培自体も初心者で、まさか最初の年からこんなに収穫できるとは思いもよらず...
密閉容器に一杯のサフラン、さてどうしようか、と思案中なんですよ。
まずはサフランライスから...次はパエリア言ってみようか、などと楽しみです。
パエリア用のフライパン?もしはナベ買わなきゃなあ、と期待は膨らみます。
by ナツパパ (2015-11-06 09:20) 

ナツパパ

amoさん。
あ、たしかにそれは言えそうです。
サフランの袋には、ブログのメガネ画像をデフォルメして使おうか、と思案していましたが、
それよりは、カミさんを思いっきりデフォルメしてイメージ画像を作り、それで売り出せば、
なお一層評判になるやもしれません。
...一攫千金が一歩近づいてきそうで、なんかワクワクしてきますねえ。
by ナツパパ (2015-11-06 09:25) 

ナツパパ

ぷちさん。
きれいな花でしょう。
わたしも咲いたときは思わず見とれてしまいました。
まだつぼみの頃は薄紫色がきれいで、花が開くと、雌しべの濃い赤色と雄しべの黄色、
それらがとても素敵な色合いなんですよ。
観賞用としてもお勧めです。
by ナツパパ (2015-11-06 09:27) 

ナツパパ

kikiさん。
ほんとサフランって高いですよねえ。
カミさんがスペインかどこかのお土産でいただいたサフランは、よく見ると雌しべ一本ずつではなく、
途中で折れていたりして、けっこう雑な仕上がりなのでした。
雌しべ一本そのままで使うと、色も香もより良いそうですから、ナツパパ家のサフランは
けっこう期待できそうですよ。
by ナツパパ (2015-11-06 09:33) 

ナツパパ

(。・_・。)2Kさん。
kurakichiさん。
Mitchさん。
MORIHANAさん。
モリガメさん。

nice、ありがとうございます。
by ナツパパ (2015-11-06 09:35) 

ナツパパ

今造ROWINGTEAMさん。
okin-02さん。
みぃにゃんさん。
wattanaさん。
ma2ma2さん。

nice、ありがとうございます。
by ナツパパ (2015-11-06 09:37) 

ナツパパ

HIDEand爺さん。
takasiさん。
たっくさん。
burubonさん。
momoさん。

nice、ありがとうございます。

by ナツパパ (2015-11-06 09:38) 

ナツパパ

ブラザー★ボブさん。
ハマコウさん。
ちょんまげ侍金四郎さん。
aokenさん。
ともちさん。

nice、ありがとうございます。
by ナツパパ (2015-11-06 09:40) 

ナツパパ

ことむちゃん さん。
苔治。さん。
miataさん。
ばー助さん。
てんてんさん。

nice、ありがとうございます。
by ナツパパ (2015-11-06 09:41) 

ナツパパ

mry311さん。
takechanさん。
大和さん。
TaekoLovesParisさん。
bee-15さん。

nice、ありがとうございます。
by ナツパパ (2015-11-06 09:42) 

ナツパパ

小梅姉さん。
じつはわが家では、サフランを使って料理をすることはほとんどありませんでした。
なので、いきなりの大量在庫には、さてどうしたものかと、慌てているところなんですよ。
収穫のうち1/3~半分ほどは地域のおまつり用として供出する予定ですが、
それでもたくさんのサフランが手許に残る予定です。
まずはサフランライス、そしてパエリア、と少しずつ料理に使っていきたいなあ、と思います。

>ブログ読者割価格を、設けて頂けたらなぁ(笑)
あ、もちろんですとも。
もうね、ブログ読者各位には、初回限定で1/10の価格で割引...なんか愉しくなりそうですねえ。
by ナツパパ (2015-11-06 09:47) 

ナツパパ

kanameさん。
ツマさん、おはようございます。
サフランは球根で増えるので、放っておいても大丈夫、と先輩Kさんは言います。
Kさんの畑でも増えて増えて大変なのだそうですから、来年以降期待が出来ますねえ。
ツマさんも、お友だちを巻き込んで大量収穫大量販売...一攫千金ですよ、きっと(笑)
ご主人の器と一緒にいかが?...完全に煽ってますね、わたし(笑)
by ナツパパ (2015-11-06 09:52) 

ナツパパ

YAPさん。
そうなんです、サフランの値段はもう、完全に手間賃と思いますねえ。
わが家では、今最盛期と思いますが、だいたい一日10~15輪の花が咲きます。
その花を摘んで、雌しべを取り出し紙に並べる手間は、けっこう大変です。
それがサフラン専用の農家では、一日1000や2000ではないはずで、その花々を摘み、
そして雌しべを取り出して並べるのは大変だなあ、と思いますねえ。
人件費の高い日本では先ずムリ...とんでもない値段になってしまうことでしょう。
by ナツパパ (2015-11-06 09:56) 

ナツパパ

hatsuneさん。
おおっ、hatsuneさんのお爺さまお婆さまも、サフランをお育てになっていらしたのですね。
わが家では、機会があってサフランを育て始めたのですが、意外に簡単に花が咲くのにビックリ。
花が咲けば、後は雌しべを取って乾燥...手間はかかりますが手順自体は簡単です。
なので、大量に出来上がるんですよねえ。
一家庭では使い切れないほど...わが家でも、知り合いに分けるか、それこそ販売して...
という手段が現実味を帯びてきました。
受け取っていただける知人を確保しないと、大量のサフランがわが家の在庫となりそうです。
by ナツパパ (2015-11-06 10:02) 

ナツパパ

mamiiさん。
サフランの花が咲いたとき、クロッカスに似てるなあ、と思いました。
めぎさんのコメントで↑、サフランはクロッカスの仲間と伺いましたので、
似ていて当然なのかもしれませんね。
わが家でもクロッカスは植えて育てていましたが、これからはおそらくサフランになるでしょう。
趣味と実益の一致(笑)...なんとまあ、楽しみなことです。
by ナツパパ (2015-11-06 10:04) 

ナツパパ

engridさん。
サフランの、薄紫の花は、わが家の庭に素敵な色合いをもたらしてくれました。
カミさんと母の丹精で、わが家の庭は花の絶えない一年なのですけれど、
サフランの清楚な花はその中でも目を惹きます。
来年以降も大切に育てていこう、と思っているんですよ。
雌しべを乾燥する作業も慣れると面白いものです。
サフランを使う料理が、わが家で増えることでしょう...お客様がいらしたときの名物にしたいですし。
by ナツパパ (2015-11-06 10:09) 

ナツパパ

macharunさん。
きれいでしょう...わたしも栽培して初めて色合いに見て惹かれました。
わが家に植えたのは、サフランの雌しべを採るのが目的ではありますけれど、
それをしなくても、ただ花を見ているだけで満足できそうです。
鉢植えに...とも思ったのですが、意外に水やりがデリケートそうで、躊躇しています。
by ナツパパ (2015-11-06 10:11) 

ナツパパ

みちさん。
そうなんですよ、サフランの、あの色合いは雌しべの色なのでした。
花を摘んで、取り出したばかりの雌しべは、まだ色が若いというか瑞々しい色合いなのですが、
乾燥するに従って濃い赤色になります。
それをお湯で戻すと、あの金色を作り出すのですね。
わが家では、パエリア用のナベがないので、それを買いにカッパ橋まで行こう、と盛り上がっているんですよ。
by ナツパパ (2015-11-06 10:21) 

ナツパパ

me-coさん。
おやまあ、モグラさん大変ですねえ。
わが家の庭でも、いっときモグラが住んでいたのですが、ある時からいなくなりました。
...駆除した訳じゃないんですよ。
どうしたのかなあ...でもそのおかげでか、球根類の花も元気に育っていてありがたいです。
花が終わって、球根を一度掘り起こして来年に備えるかどうするか、今考え中です。
by ナツパパ (2015-11-06 10:24) 

ナツパパ

でんさん さん。
そうそう、わが家でも必要があって乾燥したサフランを買い求めたとき、
ほんの少しなのにえらく高くてビックリしましたっけ。
そういう経験があるので、サフランを使う料理は躊躇してきたナツパパ家ですが、
これからはもう大丈夫!バンバンいってみようと目論んでおります。
...あまりバンバン使ってしまうと、販売に回せなくなりそうで、それも困りますが(笑)
by ナツパパ (2015-11-06 10:27) 

ナツパパ

剛カラブさん。
あるいるさん。
ryo1216さん。
yohtamboさん。
タンタンさん。

nice、ありがとうございます。
by ナツパパ (2015-11-06 10:43) 

ナツパパ

リックさん。
やってみよう♪さん。
harryさん。
mayuさん。
tarouさん。

nice、ありがとうございます。
by ナツパパ (2015-11-06 10:44) 

ナツパパ

enosanさん。
ぼんさん さん。
ダイとクロさん。
saruさん。
sugoimonoさん。

nice、ありがとうございます。
by ナツパパ (2015-11-06 10:45) 

ナツパパ

たくやさん。
恐怖のグルコサミンさん。
ribonribonさん。
ffmlさん。
DrakenBeginnerさん。

nice、ありがとうございます。
by ナツパパ (2015-11-06 10:47) 

ナツパパ

prin4795さん。
いっぷくさん。
gopさん。
ポジティブなサラリーマンさん。
あおたけさん。

nice、ありがとうございます。
by ナツパパ (2015-11-06 10:48) 

ナツパパ

ぼんぼちぼちぼちさん。
oink!さん。
song4uさん。
paul_226さん。
宝生富貴さん。

nice、ありがとうございます。
by ナツパパ (2015-11-06 10:49) 

ナツパパ

ねじまき鳥さん。
モグラたたきさん。
ニコニコファイトさん。
vivianeさん。
素人写真さん。

nice、ありがとうございます。
by ナツパパ (2015-11-06 10:50) 

ナツパパ

サトちゃん さん。
MONSTER ZEROさん。
芝浦鉄親父さん。
sterling.hide.jさん。
NO14Ruggermanさん。

nice、ありがとうございます。
by ナツパパ (2015-11-06 10:53) 

ナツパパ

Ujiki,oOさん。
ipanemaoyajiさん。
メルシオさん。
ラックさん。
gardenwalkerさん。

nice、ありがとうございます。
by ナツパパ (2015-11-06 10:54) 

ナツパパ

Santaさん。
わが家にサフランをもたらしてくれたKさんが作る乾燥サフランは素晴らしくて、
畑の隅で余技で作っているとはいえ、さすがプロの出来映え、と思います。
それに比べ、ナツパパ家のサフランはどうか?とても気になるところです。
来年度以降は、プロの技を教えてもらいつつ、品質の向上を目指し、最終的には、
サフラン料理をナツパパ家の名物にし、かつ、知り合いにおわけできるようになりたい...
そう目論んでいるところなんですよ。
知り合いに評判となれば...ナツパパ印のサフラン販売...ううう、期待は膨らみます(笑)
by ナツパパ (2015-11-06 10:59) 

ナツパパ

隊長さん。
小鳥たちが花を啄むかしら...と心配したのですけれど、今のところそういうことは無く、
サフランを摘むのはナツパパ家の人間だけなんですよ。
庭には柿の実や他の花も多くあって、そちらに気を取られているからなのかもしれません。
以前クロッカスを育てていた母は、花が咲くと小鳥が来て食べちゃったっけ、といいます。
サフランはクロッカスの仲間だそうですので、気を付けなければなりません。
by ナツパパ (2015-11-06 11:02) 

ナツパパ

ken_jpさん。
わが家の庭はさほどの広さではないのですけれど、母とカミさんが丹精しているので、
一年を通して花が咲いたりしていつもきれいです。
わたしは力仕事以外ほとんど手伝ってこなかったので、今回のサフランでは、細々した作業共々、
新鮮な感覚で楽しめました。
これから庭に関わることが増えそうで、それも楽しみです。
by ナツパパ (2015-11-06 11:05) 

ナツパパ

gardenwalkerさん。
そうなんですよね、わたしもサフランの花を見て、きれいなのに驚きました。
この清楚な花から、あのサフランの色が生まれるんですよねえ。
今日もサフランの花が15輪咲きました。
摘んできてしまうのですが、それでも朝、庭を見たとき、その花々が咲いているところは
とても清々しい風景です。
by ナツパパ (2015-11-06 11:07) 

ナツパパ

ネオ・アッキーさん。
masamasa100さん。
さる1号さん。
きたろうさん。
シルフさん。

nice、ありがとうございます。
by ナツパパ (2015-11-06 11:08) 

ナツパパ

しのぴんさん。
nice、ありがとうございます。
by ナツパパ (2015-11-06 11:09) 

あおたけ

サフランと言うと
黄色いサフランライスが思い浮かびますが、
元となるサフランの雌しべは赤いのですね〜!
そしてそのお花も鮮やかで、上品な紫色なんですね(^^)
一攫千金を目論むサフラン栽培、
何よりも奥さまと一緒に育てられているのが、
仲むつまじくて、いいですね♪
by あおたけ (2015-11-06 12:49) 

yoriko

これがサフランなんですね始めて見ました
クロッカスに似ていますね
サフランはお正月に栗金時を作る時に使いますが
高価なのを知りませんでした
一攫千金に向かって頑張ってください(笑)
by yoriko (2015-11-06 22:07) 

響

サフランの実物は初めて見ました。
観賞用にもなりそうですね。
by (2015-11-06 22:54) 

ナツパパ

あおたけさん。
サフランを分けてくださったKさんに伺うと、ちょうど今頃がサフランの花の盛期なんだそうです。
8月下旬に植えたのでこの時期かな、なんて思っていたのですが、そうじゃないみたい。
今日も20輪ほどの花が咲き、雌しべを取り出しました。
今までで200本以上になったでしょうか。
...さて、これをどうする?と、そちらのほうが心配なこの頃なんですよ。
とりあえず、わが家でサフランライスを作ってみよう、ということになりました。
by ナツパパ (2015-11-07 10:21) 

ナツパパ

yorikoさん。
サフラン栽培の先輩Kさんによれば、サフランは一度植えたら4~5年はそのままで良いとのことです。
そのあいだ、肥料さえやれば、球根で増えて収穫もどんどん多くなるそうです。
...なんか愉しくなってきますよねえ。
初年度の今でも相当な収穫数なので、来年以降、ナツパパ印のサフラン、が本当の話になってきそうです。
もっとも、販売と言うよりは、頒布になるでしょうが...うう、一攫千金はどうなる(笑)
by ナツパパ (2015-11-07 10:25) 

ナツパパ

響さん。
きれいな花ですよね。
一株のサフランから、3輪くらいの花が咲くんですよ。
ですから、鉢植えにして花を見るのも良いなあ、とわたしも思います。
来年は一株か二株、鉢植えにしてみようかな。
観賞用に愉しめると思いますので。
by ナツパパ (2015-11-07 10:27) 

ナツパパ

comomonさん。
nice、ありがとうございます。
by ナツパパ (2015-11-07 10:27) 

たかぼん

サフランの花って綺麗ですね。
そしてサフランを作るのって意外と大変なんですね。
サフランってなかなか見かけないですよね。
どこに売ってるんだろうって思います(^^;)
by たかぼん (2015-11-07 13:58) 

ナツパパ

たかぼんさん。
サフランって地中海料理によく使われるので、地中海沿岸が産地なのかなあ、と思っていました。
その地域でも栽培されているのですが、世界あちこちで栽培されているようですね。
インドの奥、カシミール地方でしたか、そこのサフランは世界でも一級品なのだそうです。
栽培してみて分かったのですけれど、サフランは強い植物で、栽培も楽です。
気候風土で当然味に差は出てくると思いますが、とりあえず収穫は出来ますので...
...ただし、花から雌しべを取り出して乾燥させて...という手間がけっこう大変なんですよねえ。
by ナツパパ (2015-11-08 09:32) 

ナツパパ

あゆさこさん。
kyonさん。
gillmanさん。

nice、ありがとうございます。
by ナツパパ (2015-11-08 09:32) 

gillman

凄いですねぇ、ナツパパ製のサフラン。以前スペインに行った時サフランを買ったことがありますが、彼の地でも結構高かったのを覚えています。
そう言えば、子供の頃熱さましとしてお袋が漢方薬屋さんでサフランを買っていたような気がします。
by gillman (2015-11-08 09:35) 

ナツパパ

gillmanさん。
そうなんですよね、サフランって、袋に入っているのを見ると、これだけの量でその値段か...
...と唖然とします。
でも、実際栽培してみて、これは手間賃も含めてのことで、そうなると仕方ないかな、なんて思いました。
...完全に生産者目線になってしまったのですが(笑)、1000とか2000といった花から
雌しべを取り出して乾燥させては、すべて人力による訳ですから、人件費もかかることでしょう。
縁あって栽培することになったサフラン、これからも丁寧に育てていきたいと思います。
...一攫千金の夢は持ちつつですが(笑)
by ナツパパ (2015-11-08 09:56) 

ナツパパ

濱の寅次郎さん。
furuさん。

nice、ありがとうございます。
by ナツパパ (2015-11-08 16:48) 

ナツパパ

ちくわさん。
nachicさん。

nice、ありがとうございます。
by ナツパパ (2015-11-11 09:49) 

じゅんぺい

雌しべだったとは知りませんでした!
かわいいお花を育てて一獲千金とは素敵です(*^ω^*)
by じゅんぺい (2015-11-19 07:54) 

ナツパパ

じゅんぺいさん。
そうなんですよ、乾燥したサフランのあの針のようなものは雌しべだったんです。
わたし、今回初めて栽培して、いろいろ驚きがありました。
...なにしろ雌しべが3本...これすごいですよね、雌しべって1本だけと思い込んでいましたので。
今まで収穫し乾燥したサフランの雌しべ、だいたい600本くらいになりました。
地域のおまつり用に150本供出しても残り450本...とても使い切れません。
嫁入り先を探さなければ、と贅沢な悩みです(笑)
by ナツパパ (2015-11-19 09:02) 

ナツパパ

駅員3さん。
nice、ありがとうございます。
by ナツパパ (2015-11-19 09:03) 

ナツパパ

マルコメさん。
nice、ありがとうございます。
by ナツパパ (2015-11-23 14:50) 

暁烏 英(あけがらす ひで)

見ているだけでもきれいな花サフランが、こうして人々の口に入るとは知りませんでした。
by 暁烏 英(あけがらす ひで) (2015-12-01 21:18) 

ナツパパ

暁烏 英(あけがらす ひで)さん。
きれいな花ですよね。
薄紫色が清楚で、とても素敵でした。
それを鑑賞するいとまもなく、摘み取ってしまうワタクシは、
なんだか大変悪いことをしているかのような感じがしましたっけ。
...でもね、自家製のサフランを使って作ったパエリア、とても美味しかったです。
by ナツパパ (2015-12-11 08:52) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。