So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

春が来たなあ [身のまわり]





    37.jpg




 今年は、2月から3月上旬までずいぶん寒い日が続いた。

 たしか3月21日(でしたかね)には雪なんか降っちゃって、こりゃすごいなあ、と茫然としたのだっけ。

 それから3月下旬となっていきなり暖かい日が現れ、その後は一気に春となったみたい。




 それでも最初はね、まだまだ油断できないぞ、と構えていたのだけれど...

 ...その後の汗ばむような陽気だったり、桜の開花だったり...今年は満開まで早かった...

 ...いよいよ春本番を思うこの頃であります。




 とはいうものの、3月の終わりまで関係する数団体の年度末であれこれ大忙し。

 背中を、落し戸が轟音とともに落ちるような体験をして、ようやくそれも区切りをつけることが出来た。

 それで、やれやれと、庭を眺めたら、そこは春の気配に満ちているのだった。



 

庭に出てみようか


nice!(79)  コメント(25) 
共通テーマ:日記・雑感

2年前のことだったなあ [妄想か偏見か]





    285.jpg




 

 去年のこと、冬の北欧でオーロラを見ようと話が盛り上がり、今年3月のツアーを予約したのだった。

 それは、フィンランドの奥でオーロラを見て、帰りは寝台列車でヘルシンキまで戻るもの。

 その旅行が母のケガで中止となり、いささか落胆気味のナツパパ夫婦である。

 行きたかったなあ...海外に旅行は愉しい思い出があるので。




 そういえば、夫婦でオーストリアとドイツに旅行したのは2016年3月のこと。

 もう2年も前のことになる。

 あの時は、ツアーという名前だけれど、実質は夫婦二人の個人旅行。

 ドタバタしたこともあったものの、おおむね順調で愉しい思い出が残る旅行だった。




 そんなことを、頬杖を突きながら思い出していたら、ドイツ博物館の記事を書きたくなった。

 2年前に【欧州道楽旅】として記した時、記事にし忘れたものがあるのだ。

 少しマニアックな内容なので、躊躇したのだったっけ。

 でもまあ、いい折なので、それを記事にしてみようかと思う。

 ...記事の材料が枯渇してしまった、ということもあるのだけれどね。



 

この先マニアックで長いです。すみません。


nice!(119)  コメント(56) 
共通テーマ:日記・雑感

久しぶりに散歩でも [街あるき]





    15.jpg




 このところドタバタしてしまって、友人のS君ともなかなか会えない。

 会えばどこか街歩きでも、ということになるのだが、会えないので、街歩きもお休みである。

 そんな日々を送っていたのだが、ここにきて少し余裕が出来た。




 それで、どこか散歩に行こう、と話がまとまった。

 ...どこに行こう...築地なんかどうです、とS君が提案する。

 そうか、築地市場も、いよいよ今年10月には移転である。

 移転時期に近くなれば見物の皆さんで混むだろうから、今のうちに行ってみようか。




 で、2月の某日、S君と二人で築地市場に行ってみた。

 賑やかな市場の様子も観光の皆さんも相変わらずで、ここはいつ来ても面白い。



続きはこちらです


nice!(125)  コメント(85) 
共通テーマ:日記・雑感

せっかくなのでドライブを 【オホーツクで24時間 その3】 [旅行中  国内編]





    3.jpg




 「北のアルプ美術館」を見学して、さて、その日は網走駅前に宿を取っていた。

 網走までは、海岸沿いの国道で4~50分か、広く快適な道路が続く。

 途中には原生花園などもあり、できればそこも見てみたい...と思ったら、いきなりの雷雨。

 前が見えないような雷雨と、ゆく手には落雷の閃光が幾本も見えるではないか。




 これは網走に戻って宿に入ったほうがいい、と判断して、網走駅前のホテルに急いだのだった。

 その後も、雷と雷雨は続き、遠くには出かけられない様子である。

 網走の街は駅から繁華街まで離れているので、楽しみにしていたオホーツクの美味は諦めざるを得ず、

 駅前の蕎麦屋でカツ丼を食べて、それで満足した...ちょっと残念。




 一夜明けて、朝ご飯はホテルで一般的なバイキングである。

 わたしはバイキングの朝食が苦手で...なぜならば食べすぎるから。

 あれもこれもと皿にとって、結局苦しいばかりの満腹、昼ごはんが食べられなくなってしまう。




 写真上は、この日の朝ごはんだけれど、なーに、カッコつけて、初めはこれだけにしたのである。

 じつは山盛りのお代わりをして、結局どうにもならなくなってしまったのだった。



さてどこに行こうかな


nice!(82)  コメント(60) 
共通テーマ:旅行

宿願を果たす 続き 【オホーツクで24時間 その2】 [旅行中  国内編]





    184.jpg




 承前




 念願を果たし、やってきた「北のアルプ美術館」は、斜里の街の郊外にたたずんでいた。

 その敷地だけ、北方の樹木が繁り、格別の雰囲気を感じる。




 駐車場に車を止め、玄関で声をかけると、館員のご婦人が現れた。

 名簿に名前を書き、さて入館費は?と伺うと、無料とのことである。

 個人の美術館とはいえ、無料には驚いた。

 この美術館の創設者にして館長である山崎猛氏の、この施設に対する姿勢を見る思いだ。




 美術館の建物は、三井農林が従業員の寮として使っていたもの。

 山崎氏が開館にあたって譲り受け、館内の構造はそのままに、美術館として改装しつつ使っている。

 したがって、玄関は普通の家の大きさであるし、階段や廊下も小ぢんまりしているのだった。



続きはこちらです


nice!(124)  コメント(86) 
共通テーマ:旅行
前の5件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。