So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

厄年考 - ご無沙汰の言い訳 ー [くらしの中で]





    198.jpg




 皆さま、ほんとご無沙汰しました。




 ...という始まりの記事を、今年は何回アップしたことでしょう。

 前回の記事以降、いろいろなことがあり、ブログまで手が回らぬ日々なのでした。




 まずは近所の小学校の「開校40周年記念行事」。

 わたしの住む区の公立小中学校では、10年毎に「開校記念行事」があるのですね。

 それは地域も巻き込んでの行事になります。

 準備に1年以上...行事が近づくと、それはそれは細々とした仕事が山のように...

 10月の某日、その式典祝賀会が無事済んだのはなによりのことです。



 

 それで、やれやれ...と思ったら...母が転んで大腿骨を骨折してしまいました。

 ...すぐに入院、手術...いやはや...

 ...さいわい手術は無事成功し、その後の経過も順調なのは嬉しいこと、というもので。

 現在はリハビリ専門の病院に転院して、1日4回数時間のリハビリでヒーヒー言っていますが元気です。




 今年は年初の、わたし自身の肉離れから始まり夏には痛風...あれこれと体調不良が続きました。

 ...なんだかなあ...厄年という言葉が脳裏に浮かびます。

 そういえば、男の厄年って、40代後半くらいまでだったと思ったのですが、最近は伸びているみたい。

 人生60歳のころから比べると、平均寿命もだいぶ長くなり、厄年も増えたのかもしれませんね。




 ...おそらく、わたし個人にとって、今年は厄年だったのかもしれません。

 ...きっとそうだ、そうなんだ、とわが身に言い聞かせ、心の平安を保つ日々であります。






      ◇   ◇   ◇






    199.jpg





    200.jpg




 で、辛気臭い話はここまでにしましょうね。




 そういう面倒な日々を送っている間にも、何回か愉しい出来事もありました。

 ブログでお付き合いをいただく「竹口要さん」の作陶展で、ご夫妻と愉しい時間を過ごせたこと。

 そこで我が家に来てもらった器についてはまた後日にでも。




 そういうなか、我が家にやって来たのは、写真上の狛犬です。

 村中保彦さんの作る、ステンレス製の、狛犬(阿)であります。

 ごく小ぶりながら、豊かな表情と引き締まった姿が素敵で、狛犬好きの心を掴みます。

 今は机の端に置いて、毎日眺めて暮らしております。




 そんなこんな、ドタバタの日々は、もう少し続くことになりそうです。

 お伝えしたいことを並べたらこんな長文に...すみません。

 またしばらくご無沙汰になりそうですが、今月中には、斜里の記事もアップしたいと思っています。




 今回は、まずもってご無沙汰の言い訳とご挨拶まで。


共通テーマ:日記・雑感

宿願を果たす 【オホーツクで24時間 その1】 [旅行中  国内編]





    179.jpg




 ドタバタとその日暮らしを送っていたら、2日間、ポカリと予定がなくなった。

 そうなると、居ても立ってもいられない気分。

 ...どこかに行きたい...あはは、現実逃避でありますね。




 そこで、飛行機の空席を調べ、北海道・道東のオホーツク沿岸に行ってみることにした。

 ここ数年、毎年のように秋は北海道に旅行しているけれど、オホーツク沿岸にはご無沙汰なので。




 ところが、わたしの常用するANAでは、オホーツクまで飛ぶ飛行便は昼と夜の2便のみである。

 なにしろ2日間しか暇がないので、できれば昼の便で行って、翌日は夜の便で帰ってきたい。

 しかし、事はそう上手くは運ばないもので、夜の便は満席...やんぬるかな。




 結局、昼の便で行き、翌日の折り返し便で帰京することになった。

 秋の魅力たっぷりの北海道、それも道東でたったの24時間...やんぬるかな...である。




 9月の某日、11時過ぎの羽田空港には、女満別空港行の飛行機が待っていた。

 AIR DOの機体だけれど、ANAのコードシェア便でもある。

 羽田から1時間40分、飛行機は空路つつがなく、快晴の女満別空港に到着した。






    180.jpg



さて、たった24時間だ


nice!(105)  コメント(56) 
共通テーマ:旅行

腹も身の内 ’17 [わたしの食欲]





    169.jpg




 息子が小学生のころ、通う学校のPTAで、わたしは2年間役員をした。

 そのとき一緒に役員をした仲間とは、今でも年に数回会食をする。

 会場は近所の店だったり我が家だったり、なのだけれど、年に一回ハメを外して...

 ...ちょっと贅沢だけれど、いつもは入れないような店で愉しむのである。




 拙ブログでは「腹も身の内」という題で、過去2年の出来事を記事にしてきた( ’15 ’16 )。

 今年もその機会に恵まれ、やってきたのは日本橋にある「マンダリン・オリエンタルホテル東京」。

 いわずと知れた超高級ホテルだが、その中のレストランで、ランチビュッフェが楽しめるのだ。




 予約時刻の11時半に訪れると、レストランでは、もうランチが始まっていた。

 ビュッフェ会場に特有の喧騒もなく、静かな、そして天井の高い空間が素晴らしい。

 ...さすがマンダリン・オリエンタルホテルだ、と感心した。

 ちょっと気後れするけれど、ランチを愉しむべく、突入してみようと思う。



続きはこちらです


nice!(136)  コメント(95) 
共通テーマ:グルメ・料理

北五井富士に登る 【市原富士塚巡り その2】 [山に登ろう]





    159.jpg




 今年5月、友人のS君と二人、千葉県市原市に出かけた。

 市原市には市内各所に富士塚があって、それを見物しに、である。





 そのあと、諸々あって中断したまま...それを再開しようかと思う。

 ずいぶん遅れてしまったけれど、ご了承くださいね。





 「八幡宿富士塚」から内房線に乗って隣の五井駅に移動し、目指したのは、「若宮八幡神社」である。

 市原市内には「若宮」と名前の付く神社が多く、今回は、北五井にある、「若宮八幡神社」。

 五井駅から北に歩いて7~8分か、住宅地の中に神社があった。




 この神社は、社伝によれば貞観年間(859~877)に勧請された古社である。

 治承4(1180)年には、源頼朝と千葉常胤がここで戦勝祈願をしている。

 その当時から霊験あらたかと評判の神社だったのだろう。

 その後数度にわたって本殿の改築再建があり、現在の本殿は昭和63(1988)年に再建されたもの。






    160.jpg



続きはこちらです


nice!(111)  コメント(74) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

古いカメラと遊ぶ キャノン編 [カメラ]





    150.jpg




 なんだかんだで用事が重なり、青息吐息で過ごした7~8月だった。

 今年の夏は、せっかく暑さも少なく、過ごしやすい陽気だったのに...

 ...どうもその恩恵には浴せなかったみたいで、お天道様には申し訳なかったなあ。




 それで、そうやって過ごしてきたのだけれども、やはり夏である。

 いろいろな息抜きを試み、それで結構遊んでいたのだった。

 しばらくぶりのご挨拶を兼ねて、その顛末をお話ししようかと思う。





 友人のS君は理科系の大学出身で、メカニカルなものが大好きな人物である。

 彼の、興味の対象は多岐にわたるけれど、その中にカメラが入っている。

 今は古いフィルム式カメラに凝っていて、ジャンク箱などから廃品寸前のカメラを買い取り、

 自分で整備し、きれいにレストアして楽しんでいる。

 その様子がいかにも愉しそうで、傍で見るうち、わたしもその魅力に捉われたのだった。



 

続きはこちらです


nice!(118)  コメント(76) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の5件 | -